« 兼六園に向かう | Main | 金沢市近江市場の居酒屋にて »

December 08, 2007

21世紀美術館に行く

Kaisendon_2
(近江町市場の海鮮丼、クリック)
▼せっかく金沢に来たのだから、兼六園だけではなく、金沢21世紀美術館にも寄りたいと思っていた。兼六園は2度目だったが、隣の金沢城は始めてだった。しかも入場料は無料だ。わたしにはむしろこちらの方が見応えがあった。それに戦前の第六旅団の建物にも出会えた。いまWOWOWでやっている、「戦争と人間」で高橋英樹が、最後に赴任して浅丘ルリ子で、ラブシーンを演じるのが、金沢だった。兼六園は朝8時からオープンしていると言うので各1時間ゆっくり見ることができた。
▼次は途中にある、金沢21世紀美術館である。特別展示を見ると100円だと言われたが、通常展示の300円分だけみた。空間があるせいか、言葉には言い表せない奇抜な展示が多く、驚かされた。今は日比野克彦アートプロジェクトも行われている。テレビのコメントだけ見ていると分からないが、彼の能力の高さを示している。
▼終わって預けておいた荷物をホテルで引き取り、近江町市場の食堂に行って、海鮮丼1570円を食した(写真参照)新鮮な魚介類は特別美味しかった。昨日はのべ6時間電車に乗っていたが、この時間があれば、ベトナムまで行くことができる。そしてきょうは糸魚川から大糸線に乗り換えて信濃大町まで出る。わたしが小学生の頃は「大糸北線」と「大糸南線」と教わって全通していなかった。乗ってみてその理由が分かったが、北線は難所ばかりである。そして線路のかなりの部分が雪避けのシェルターで覆われていた。途中の南小谷で気動車を乗り換えるが、こちらは座席も快適だった。ホームで見たら今年は大糸線全通50周年であると出ていた。
▼ホテルからはニフティのサーバーにつながりません。投稿いただいている皆さんすみません。

|

« 兼六園に向かう | Main | 金沢市近江市場の居酒屋にて »