« B温泉で考えたこと | Main | 道に迷って映画館にたどり着けない日 »

December 23, 2007

ビッグバンドの演奏家の話を聞く

Bigband(ビッグバンドのみなさん)
▼昨日はご存知TVで放映された歌手の事を書いたら急にアクセス数が増えてしまって、午前中だけで普段の数を超してしまった。アクセス数が増えることはありがたいことであるが、わたしの目的としている事は芸能人やタレント、歌手の情報を提供することではない。昨日も『鍵盤乱麻』10万ヒット忘年会で出たことだが、それらの方々は「検索方法を知らないのではないか」ということだった。検索は言葉を入れれば出てくるというものでもなく、あらかじめ絞り込み検索をすれば手間が省けると思う。それはそれぞれのサイトで使い方が出ているので、ご自分で勉強していただきた。
▼今朝の検索用語を調べてみると「弟の妻の名前で喪中はがき」という検索用語を使って入って来られる方もいた。こういうのは「冠婚葬祭」スペース「喪中ハガキ」で検索すべきだと思う。また昨日は「亡くなった同僚の実家を訪ねる」という訳の分からないものもあった。徳永英明は近くのレンタルショップに行ったら、シリーズ3枚があったのでさっそく借りてきて、聴きながら眠ってしまった。
▼昨日は忘年会の前に取材が入った。そのため会場を変更し開催時間も2時間ほど遅らせていただいた。取材した方はビッグバンドのリーダーをされている方だった。とても穏和な感じのする方で、ちょうど60歳になったとおっしゃる。若い頃は大学生活の延長で赤阪や神田のクラブに出入りしていた。その頃有名歌手の演奏を数多くこなした。その一人に淡谷のり子もいて、「若い人はいいわねぇー頑張って」と声をかけられたという。家業は肉屋さんだったが、どうしても技術系の仕事をしたくて、また未開発だった衛星放送の受信アンテナの仕事を手がけ、NHKやら家電大手のT社から引く手あまたで、技術力を高める。最初は米軍住宅でCNNを共聴受信したいという要望で、パラボラアンテナを設置していたが、その後NHKでBSを放送するようになってそちらにシフトしていく。仕事の話は省略する。
▼そして仕事の傍ら知人友人たちとバンドを結成して、スーパーの開店売り出しとかで腕を磨く。そして今もその他に老人ホームの慰問や子供会のパーティなどに無料ボランティアとして出かけて演奏する。この日はちょうど子供会のクリスマス・パーティで会長さんの手作り料理が山ほど並んでいた。一部は子どもたちで二部はお年より相手のパーティだった。老人ホームなどに慰問に出かけ、小学校唱歌の「ふるさと」などを演奏すると涙を浮かべて一緒に歌ってくださるという話を聞き、ジーンとなった。評判なのは映画音楽の「エデンの東」や「慕情」だというので、ついわたしはお話しを聴きながら思わず歌ってしまった。♪「ラー、ララララ、ラーララ」と。そして今は冬ソナもレパートリーに入っていた。トランペットの方は「国境の南」でチューニングしていたが、これからもお年よりや子どもたちが、心から楽しんでいただける演奏を元気に続けていただきたいと思った。
▼夕べ誕生日の方にお祝いのメッセージを送ったら2度とも戻ってきてしまった。どうやらわたしは着信拒否の対象になってしまったらしい。こうして友人だと思っていた人ははまた一人去っていく。

|

« B温泉で考えたこと | Main | 道に迷って映画館にたどり着けない日 »