« イージスの機密漏洩と「軍規」の壁 | Main | 三宮のルミナリエに向かう »

December 15, 2007

静音パソコンに魅入る

Raichougo(雷鳥号)
▼昨日は「姜尚中」をキーワードに熱心に見てくださった方がいて、アクセス数が普段の倍以上に上がった。休日はアクセス数が減るので、昨日の方はきょうもぜひお願いしたい。しかし姜尚中氏の事を詳しく知りたかったら、氏の公式サイトがあるので、そちらをご覧になった方が良いと思う。
▼共通一次試験の問題が入ったUSBメモリーを紛失したというニュースがあった。しかし大事な情報が入ったUSBメモリーにパスワードをかけるのは常識だと思う。そういう手順はパソコン雑誌をでているので、ぜひやっていただきたい。それともわたしのように携帯と一緒に首からぶら下げるかだ。さらにパソコンにパスワードがかけてあるから大丈夫だとも云っている。おそらくネットワークパスワードか、XPプロフェッショナルなどのパスワードかと思われるが、それはHDDを取り出せばかなり簡単に情報は取り出せる。重要な情報はノートパソコン本体には保存しないで、USBにいれて保存し金庫などにしまっておくことが望ましい。
▼ちなみにわたしの場合USBメモリーは顧客とのデータの受け渡しにだけ使用する。データはデスクトップパソコンに取り込むか、CDに焼いて必要とする部署に渡して終わり。持ち運ぶUSBメモリーは常に空にしておく。
▼昨日夕方起きた佐世保の猟銃乱射事件の被害者には、お気の毒というしかない。事件がおきたスポーツクラブの本社は、わたしが住んでいる区と同じところにあるので結構騒がしかったようだ。事件後ネットには色々無責任な書き込みがあったようだ。犯人は米軍人で基地に逃げ込んだ。射殺された女性は変な外人につけ回されていた。etc,etc。今朝容疑者は自殺したようなので、あとはなぜあのスポーツクラブが標的になって、女性アルバイトの方が被害に遭ったか解明されていくだろう。しかしなぜ事件を起こすような人に、猟銃が3丁も販売されてしまうのか。公安委員会の事前調査がおざなりになっていないか、解明されなければならない。銃は銃だけで犯罪を起こすのではなく、持っている人が引き金を引くことによっておきるのだから。
▼パソコンのデータ移行でお悩みの読者がいらっしゃるようだ。わたしも実はパソコンのファンとHDDの音がうるさくて、最近気になってしかたない。ところが秋葉原のT電気で画期的な製品を発売した。デスクトップで小型辞書2冊分くらいの厚さ、しかも電源はノートパソコンのように外付け。先日秋葉原に行ってみて実際マシンに耳をつけて騒音チェックをしてみた。うーん良いなー。250GのHDDでメモリー2GでXPぶスペック変更しても12万円くらいだ。仕事に夢中になっているときは音も気にならないが、気になり出すとどうしようもない。しかし耳栓を買えばたった200円で済む。来年は色々購入しなければならないものもあるので当面200円の耳栓で我慢することにしよう。

|

« イージスの機密漏洩と「軍規」の壁 | Main | 三宮のルミナリエに向かう »