« 入力方法の変更で時間を無駄にする | Main | 欠陥兵器疑惑の根源は? »

January 23, 2008

オリバー・ストーンがブッシュの半生を映画化

Yasudakodo(日経のイラストはデータベースにあり)
▼本郷にあるY講堂まで午前×時に行く約束があった。駅に着くと総武各駅停車は止まったままで動く予定が立たないという。しかしとりあえずの御茶ノ水まではこの電車に乗る以外かなり迂回しなければならない。幸い乗って5分も立つと動き出した。Y講堂は日曜日の日経別刷りでも「入試風景」としてイラストが掲載されていた。はたしてあのイラストと同じ構図は出来るのかと思って携帯で撮影してみたのが、添付の画像である。このイラスト作家は昨年の5月のイラストで「田植え」のイラストを描いていた。田植えをやったことのある方ならお分かりだろうが、それは横一列に並んで自分の受け持ち範囲が終わったら、一列ずつ下がっていく。ところがこのイラストレーターは各自が勝手に下がってしまっている。普通は列が曲がらないように凧糸などでまっすぐ横一列に目印をつける。▼わたしはこのイラストレーターは実際の田植えを見たことがなく、頭で描いているのだろうと思って、ネットで日経に「このイラストは変だ」とメールを送ったがそのまま返事ななかった。その後反省してスケッチをきっちりやっているのだろうか?
▼今朝のラジオを聞いていたら、アメリカの映画監督オリバー・ストーンが、ブッシュ大統領の半生を映画化して秋には完成させるという。解説によると現大統領ブッシュがアル中を克服してまともになっていく様子をストーリーにしたものだという。しかしなー、このほど彼の「ワールド・トレード・センター」を録画して見たが、お粗末な内容だ。タイトルは忘れたが、それより1,2年前に作られた火事現場からの消防士の救出を描いた映画にそっくりである。それになぜ貿易センタービルが爆発して火災になってしまったか、まったく描かれていない。たんに「テロだ」というだけで、きくちゆみさんが指摘しているような疑問には何も解明されていない。それがテーマではないから仕方ないかも知れないが、夫が行方不明になってしまった、2700人余の家族の悲しみだけが強調されている。まぁ「千の風になって」路線である。それがあのバ○現大統領の半世紀を映画にすると聞いて呆れてしまい、空いた口が塞がらない。

|

« 入力方法の変更で時間を無駄にする | Main | 欠陥兵器疑惑の根源は? »