« 劣悪な海外旅行添乗員の待遇 | Main | ◇「ダージリン急行」を見る »

March 22, 2008

チュニジアのCDをようやく聞く

Neko3(チュニジアの猫3)
▼今月末にある職場を定年退職することになった友人F生(『鍵盤乱麻』HPトップページ「投稿の頁」で登山の事を書いていらっしゃる方)さんから「チュニジアの話を聞かせてほしい」というメールがあったのは先週の事だった。悪夢のような1週間の仕事も午前中に点検し、メールで納品が終わったので午後から出かけた。F生さんは退職したら「もう今後3年間は今のような仕事には一切関わりたくない」とおっしゃる。では盆栽でもされるのですか、とわたし。同じ職場にいるKさんが「そんな事趣味ではない」という。わたしは3年も持つ筈がない。1年もたてばむずむずしてきますよという。Kさんは「半年がいいとこね」という。遊びや趣味は仕事をしていて時間をつくって出かけるから楽しいのであって、毎日が日曜日だったら、おそらく退屈になっていまうと思う。
▼もっともF生さんは登山家で、モンブランを始め世界のあちこちの山を趣味で登っていらっしゃる。もしかして未踏峰の山を狙うのか?地方公務員だった奥さまも今年定年になるが、「どこに出かけてもいいけどお義母さん背負っていってね」と申し渡されているという。母堂はわたしの母と同い年だが寝たきりで、自宅に引き取って介護をしていらっしゃる。ただ寝たきりではあるが健康状態に問題はない。F生さんはさすがに「背負ってまでしても出かけられない」という事だったから行動範囲は限られよう。定年で時間が自由になってもこういう問題が出てくるのである。そのF生さんの職場に、アルバイトで来ている女性とお目にかかった。彼女の家では20歳になる老犬の介護をしているという。そして犬3匹で猫が6匹いるというからこれも大いに驚いた。こちらはたった3匹で手を焼いているというのに…。
▼昨日届いた「週刊金曜日」を見ていたら「ミXシーの規約が改正される」事が問題にされていた。読者のみなさんも数人は会員になっていらっしゃるのでお気をつけ頂きたい。19日までの案は「本サービスを利用してユーザーが日記等の情報を投稿する場合には、ユーザーは弊社に対して、当該日記等の情報を日本の国内外において無償かつ非独占的に使用する権利(複製、上映、公衆送信、展示、頒布、翻訳、改変等を行うこと)を許諾するものとします。」だった。これは大変な事になってしまうな、と思った。こうなるともう一切私的なことは一切書くことができない。19日以降は改正案が掲示されており、4月1日から実施される。もし心配の方がいらしたら、「利用規約」をじっくりお読みいただいた方が安全であろう。わたしはしばらくの間書き込みを止める。
Tucd(チュニジアで買ったCDその1、ご希望の方に実費でコピーしてお送りする)
▼海外旅行をしたとき、その国のCDを適等に選んで買ってくる。今回も最終日にチェニスのメディナで4枚買ってきた。地方にも売っていたが5Dくらいした。添乗員さんにお聞きすると、チェニスにいくともっと安くなるからと引き留められていた。結局路上の販売店で3Dになっていたので「4枚買うから10Dにしてくれ」と頼むと、女性店員さんは「OK」してくれたのでここで買った。帰国してから問題なのは自宅のミニコンポが壊れていて、音飛びすることだ。デスクトップパソコンの場合はCDの部分だけ秋葉原に行くと5000円くらいで売っており、分解して入れ替えることができる。ところがミニコンポなどは分解が出来ない。しかも専門家に頼んで分解して貰っても、モーターを回すベルトがメーカーによってサイズが違うのである。わざわざこういう意地悪をしている。昨日のばあいレーザーの読み取り部分をきれいにしたら、どうやら再生することが出来た。おかげで買って2週間以上もたってようやく聞くことができた。といってもアラビア語なので内容はさっぱり分からないが、雰囲気だけは伝わってくる。
▼4月から土日のブログは休載します。

|

« 劣悪な海外旅行添乗員の待遇 | Main | ◇「ダージリン急行」を見る »