« 忍び寄る警察国家の影 | Main | ツーガール「さよならチバ」連載開始 »

April 26, 2008

夜のTVは知らない事ばかり

▼4月前半は仕事が比較的ヒマだったが、先週土曜日あたりから、ありがたい事に次々と依頼が舞い込んで来た。それで今月は「孤独死」のピンチヒッターに君津市馬来田の湧水の取材を頼まれていた。湧水の取材に行くには、自宅から木更津から久留里鉄道に乗り換えて現地まで2時間。さらに現地の散策コースが徒歩で3時間半あるので、ほぼ一日潰れてしまう。昨晩の編集会議の前にMINさんに、「取材を代わって貰えないだろうか」とお願いしたら、心よく引き受けてくださった。最近のMINさんはメガネを新調し、スニーカーもおしゃれになってますます垢抜けて来ていらっしゃる。もしかしたらチュニジアで奥さまにプレゼントで買い求めた、ネックレスの威力なのかも知れない。
▼千葉駅近くのいつもとは違う店に行った。給料日の25日に予約もなしに飲み屋に入ることは出来ないと思ったが、奇跡的に8人の座席が確保できた。それでもひと月前よりは早く帰宅して、風呂は危ないので下半身だけ浸かり、あとはシャワーで済ませてTVを眺めていた。普通夜11時過ぎのTVはすべて録画して見ることにしているのだが、ニュース番組を見ていたら、すごく美しい人がいて思わず「これは誰?」と家族に聞いた。「これが今話題の、滝川・クリステルだ」という。はじめて聞く名前で、見るのも初めてだった。
▼そう言えば昨日発行された「週刊金曜日」に700号記念対談が掲載されている。そこには佐高信と本多勝一との想い出話が紹介されている。ある講演会で、佐高が「パパラッチを日本語に訳すと梨本なんだ」と会場で話したら大受けしたのだそうだ。楽屋に戻って本多が佐高に「ところでナシモトって何だ?」と聞きただしたという。佐高は「本多さんは知る必要はないと思いますが、レポーターですよ」と言ったら、感心したように「ふうん」と一言。わたしの場合本多氏とちがって梨本の事は知っているが、クリステルは全く知らなかった。

|

« 忍び寄る警察国家の影 | Main | ツーガール「さよならチバ」連載開始 »