« 機材は社会進歩のために使いたい | Main | 辞書買おうとあれこれ思案する »

April 12, 2008

自衛隊でも話題の2冊の本

Asagumocm
▼昨日のブログ業界の話題は、京都のK出版社で出た2冊の本「我、自衛隊を愛す/故に、憲法9条を守る」と伊勢崎賢治著「自衛隊の国際貢献は憲法九条で/国連平和維持軍を統括した男の結論」が自衛隊の潤機関紙とも言える「朝雲新聞」1面の広告に掲載された事である。K出版社はその筋では「平和志向」の出版社として知られている。広告原稿を出稿する方も、掲載する方も色々苦慮したらしいが、結構関係者から注文があるのだという。
▼昨日WOWOWで放映された、2年前に作られた若年性アルツハイマーを扱った「明日の記憶」をはじめて見た。担当医から「アルツハイマー」と宣告されて、怒り狂う夫、職場では部長職にあって、地位をあくまでも維持しようという部下、上司との確執。検査や自分の会社に戻るのに迷ってしまい、部下から携帯で誘導される場面、そして検査の様子など…。自分の事の様に思えた。診断を受けたとき妻から「子育てで苦労している間、貴方はわたしの事を顧みてくれないから、じっと我慢して一人でやってきた。でも家族だもんね。わたしは貴方がどうなっても一緒にいるから心配しないで」という言葉に思わず涙が出てきた。

|

« 機材は社会進歩のために使いたい | Main | 辞書買おうとあれこれ思案する »