« キューバSL紀行を見る | Main | 土日で映画を2本見た »

April 20, 2008

ハンニバルとアンコールワットの象

Russianbook
▼3日間かかって写真の1000ページ余の本を読み終える事ができた。半分を過ぎてからTVを見るより面白くて夢中になって読んだ。定規を本の下においたので、その厚さはお分かりいただけると思う。これを持っているだけで腱鞘炎になってしまう。図書館で借りた本なのでマーカーを引くことができないので、上に黄色の付箋紙を貼って読む。
Zou1ancol
▼ところで今朝の朝日の別刷りに「S2」面に「知りたいアジア象」というコラムがある。その中でカルタゴのハンニバルが紀元前218年にアルプスを越えてローマに攻め込んだ。その象が地理的にアフリカに近いからアフリカ象を思われがちだ。しかし人間に慣れないアフリカ象は手なずけることなどできない。それでハンニバルが使ったのは実はそれはアジア象と言われている。アンコールワットの世界遺産でも随所に、象による戦闘場面の浮き彫りがある、という事を書いている。上図は昨年わたしが撮影したアンコールワットの「象」である。画像をクリックすると右側に見える。

|

« キューバSL紀行を見る | Main | 土日で映画を2本見た »