« わらしべ長者になった気分の一日 | Main | 恵比寿写真美術館に行く »

July 12, 2008

観光でがっかりする国はフランスと中国

▼昨日の報道によれば、海外旅行をして期待していたのと違って、一番がっかりした国というのがあった。一位は中国とフランスだということだ。わたしも二つの国にはあまり行きたいとは思わない。評論家の小沢遼子が先週のラジオでエジプトとギリシアに行ってきたという話をしていた。両国とも失業率がかなり高く文化財の保護にお金を回すことができないから、世界遺産なるものがボロボロで壊れているのが放置されているという。それは昨年カンボジアのアンコールワットを見学した時も感じたことだ。カンボジアは工業とか発展していないから、アンコールワットの観光資源で国の再生を図ろうとしている。昨日の新聞を見ていたら日本にも世界遺産って10以上あることが分かった。しかし観光客を引き入れる事だけが、目的化してしまっているように思える。平泉の中尊寺が外れたと数日前の夕刊では大騒ぎしていた。昨年十和田湖に行く途中立ち寄ったが、あそこは金色堂と南部鉄器以外何もみるものはなかった。あそこが世界遺産になれば、懐古園だってなれると思ったほどだ。ホント!勿論小諸は中尊寺に比べて圧倒的に歴史は少ないけどね。

|

« わらしべ長者になった気分の一日 | Main | 恵比寿写真美術館に行く »