« 暴動が多発する社会主義国とは | Main | ◇「告発のとき」を見る »

July 04, 2008

テロリストは朝顔市に来るのか、まさか

▼定期検診の朝。といっても雑談をしながら血圧を測るだけだから数分でおわってしまう。クリニックの担当医は、脳神経の専門家ではないが、近くて便利で会話をしていて波長があうから来ている。しかし血圧の測定中に話しかけてくるので、いつも測定値が上がってしまう。あとは「頭が痛いことはありませんか?」というだけ。2年前に倒れた時も別に頭は痛くなかったのに…。今朝は雨降りなので、お年よりは二の足を踏む。だからきっと待ち時間は少なくて済むに違いない。
▼入谷の朝顔市が1週間ばかり延期されるらしい。そうサミットが原因である。毎年写真撮りに行くのを楽しみにしていたのだが、今年はどうなるか?朝顔市にテロリストが来る訳ではない。G8の警備に人出を割いてしまうので、道路を封鎖して行う入谷の朝顔市まで手が回らないということなのだろう。とんだとばっちりだ。浅草寺のほおずき市は浅草寺の境内だけなので問題はないと思う。
▼今朝のニュースによれば、アメリカの情報でアルカイダの指導者オサマ・ヴィンラディンは腎臓病を患っていて、余命半年である、という報道があった。大体オサマが生きているかどうかはっきりしない。わたしはとっくに死んでしまったと思う。しかし生きていることにしないと、「テロの撲滅」という大義名分がなくなってしまう。そうなるとアフガニスタン、イラクに侵略した大義名分が何もなくなってしまう。だからいつまでも、「生きている」ことにしているだけである。

|

« 暴動が多発する社会主義国とは | Main | ◇「告発のとき」を見る »