« 見知らぬ男から声をかけられる | Main | ◇「純喫茶磯辺」を見る »

July 07, 2008

競馬詐欺にひっかかるところだった

▼昨日書いた見知らぬ男の事件とは、典型的な競馬詐欺というのだという事をてんぐささんからメールで教えていただいた。それで興味のある人には、「自分は当たり券を知っているからカネを預けろ」と切り出すらしい。わたしはサトウなる男の言うことが次第につじつまが合わなくなってきたので怪しんで別れた。それよりも前にわたしは賭けマージャン、パチンコ、競馬、競艇、競輪などギャンブルには一切興味がない。てんぐささんは「編集長が人の良さそうな顔をしていたから」とおっしゃっていたが、そうだとするなら、今後外を歩くときには隙を見せないように、常にサングラスなどをかける必要があると思った。
▼地デジBS朝日4日午後10時からの「ニュースにダマされるな」を見た。司会は中村うさぎ、コーディネーターは金子勝慶應大教授だった。この放送は毎月1回、第一土曜日に放映されるようだが、力が入っていて面白かった。この日のテーマは「原油の値上がりは何が原因か」というテーマで4人のパネリストが発言していた。再放送もされるので、地デジがあるかたはそちらをご覧いただきたい。再放送は7/9(水)夜10:00~
7/10(木)午後2:00~だ。2時間のうち原油関係は1時間だ。発言者の一人はアンドリュー・デウイット立教大学経済学部教授だったが、かなりまともな発言をしていた。
▼要点はアメリカは生産業の衰退で石油精製施設が老朽化してしまっている。そして石油関連会社はヘッジファンドが80%くらい握ってしまっている。それで株主総会で施設の整備更新をする提案をすると、四半期なりの短期で利益を目に見える形で増収することを、彼らに求められるから施設を新しくする事ができない。そして石油貯蔵量が20015年とか2020年とか言われているのは、アメリカの貯蔵量である。しかもそれは埋蔵量を調査するのには莫大な資金を必要とするから手が着かない。一方石油がふんだんにあるのはイラク、イラン、そしてサウジである。ところがそれらの国は調査の結果100年分はあることが分かったので、莫大なカネをかけて埋蔵量の調査などはしない。そしてサウジではガソリンは20円くらいだから、使わなければソンだとばかり高級外車なででふんだんにつかっている。そして中国はペトロチャイナという国営の石油会社が70円に抑えて、工業を発展させようとしているが、それも税金を使って抑えているだけで、いつまで続くか分からない。
▼それよりもまず石油に投資しているのはアメリカの年金基金やカナダなどである。それと個人投資家のカネもヘッジファンドを通じてそれにつぎ込まれるから、自分で自分の首を絞めていることだ。この時TV画面で展示されたフリッパーのデータは以下にあるのでご覧いただきたい。

|

« 見知らぬ男から声をかけられる | Main | ◇「純喫茶磯辺」を見る »