« ◇「シティ・オブ・メン」を見る | Main | ◇「攻殻機動隊2・0」を見る »

August 20, 2008

NHK終戦特集番組を見る

▼時々8時台にアクセスが集中することがあります。しかしわたしも仕事の準備があって9時にならないとブログは書き上げることはできません。アクセスする方はその点ご留意下さい。
▼昨夜は先週録画したNHKなどの終戦記念番組を一気に見た。1)「レイテ」兵士はみんな食べるものもなく死んでいたのに、この真るっこぃ生き残った師団長とは一体なにだったんだろう。2)「関東軍と麻薬」戦争とはカネのかかるものである。すでに書いたように日露戦争は外債を発行してかろうじて、ギリギリ「引き分け」にまで持ち込んだ。中国各地に作ったカイライ政権を維持するには、カネが必要だ。そのために軍は別会社を作って阿片を栽培させて、それでカイライ政権を維持する方法を取る。南京だったかどこかでは人口の3分の1から4分の1が、阿片中毒患者だったと報じていた。3)「韓国人のBC級戦犯」よいアルバイトだと思っていたら軍属として扱われ、シンガポールや泰緬鉄道の捕虜の監視役をさせられた韓国籍の人々。極東軍事裁判では日本人として、処刑された人も多い。かろうじて生き残った人たちが、日本に対して裁判を起こしたり、映画「YASUKUNI」に出てくるように、靖国神社から合祀取り下げを求めている実態だった。4)「日本軍による沖縄の集団自決強制事件」日本TV系家族、あるいは夫婦間の自決や殺害は聞いているだけで、耳を覆いたくなる。そして戦争の記憶を若い世代が語り部になって、次の世代に伝えて行こうと取り組んでいる様子だった。述べ5時間ほどだったが、ドキュメンタリーなので倍速いや3分の1速くらいで全部見終わった。
▼本日メルマガ締め切り日、わたしは朝から仕事なのでこれまで。

|

« ◇「シティ・オブ・メン」を見る | Main | ◇「攻殻機動隊2・0」を見る »