« 遊覧船と男女の出会い | Main | ◇「灰とダイアモンド」を再び見る »

September 11, 2008

「東京裁判」の全記録明らかになる

▼かなり集中力を必要とする仕事も昨日夕方でほぼ半分に到達しつつある。と言ってもこの仕事に集中できる時間は、昼休みをとっても最大で5時間というところだ。それ以上は誤打率がふえるので散歩などに切り替える。終わっても全部通して最終チェックをしなければならない。今週末の連休も使って、何とか19日納品に持っていきたい。だら来週は会議や取材が目白押しなので予断は許さない。
▼これが終わるまで、連絡はPCメールでお願いしたい。PCメールなら1分で書いて送信できるが、同じ内容でも携帯メールだと倍以上の時間がかかって、テンキーは思考が中断されてしまう。
▼昨日の日経朝刊にすごい記事が出ていた。東京裁判の全記録が明らかになったというのだ。今まで東京裁判の記録はあるにはあったが一部の研究者のみに公開されていた。ところが散逸していたものを、国立公文書館がすべてマイクロフィルム化した。文書は何せ6千件以上あり、膨大で整理に時間がかかったのだ。日経新聞では1年3ヶ月裁判記録を全部閲覧して、識者の意見を参考に分析し、社会面で「判決60年文書に見る東京裁判」を連載すると言っている。どんな文書が出てくるか興味のあるところである。
▼毎日の偽装表示に、有毒事故米の話。一体何を信じたら良いのか分からなくなる。鹿児島や九州の焼酎を、有り難がって飲んでいた人はどうすれば良いのか?今後は一切飲まない事かも知れない。

|

« 遊覧船と男女の出会い | Main | ◇「灰とダイアモンド」を再び見る »