« ◇「この自由な世界で」を見る | Main | 投票できないのにはしゃぐ党首選挙 »

September 05, 2008

安物買いの銭失いになってしまった。

▼メルマガの原稿は本日に限り午後5時までにお送り頂きたい。一斉送信はその直後に終わらせます。
▼今NHKBSで黒沢明監督作品の一挙放映(2期分)が始まった。1昨日が「蜘蛛の巣状」だった。ご存知のようにこれはシェイクスピア劇「マクベス」を焼き直したものだ。実はこれを公開当時、中学生だったが古里の映画館で見た。映画館自体はもうとっくの昔に閉館してしまった。第一この町に映画館は残念な事に存在しない。この映画の中で道に迷った三船敏郎と千秋実が森の中で迷ってしまい、物の怪に出会う場面が幼いわたしに撮っては恐怖だった。成人してからも数回見直しているが、黒沢の作品では一番好きだ。はっきり言って黒沢のモノクロ時代の作品は評価できるが、カラーになってから好きな作品は一本もない。
▼都議会のある政党に所属する4人がブラジル視察に出掛けたのだそうだ。もちろんブラジルに行ったからには、あのイグアスの滝も見学している。しかしかかった費用が10日間で一人190万円。そして議会に提出したそのレポートがJETROの雑誌からの丸写しだったというから、さらに驚く。ブラジルだけだったら同じコースを50万円も出せばおつりが来る。こういう感覚を何と呼べば良いのだろう。一月にインタビューしたある自治体の町長さんは、北海道に視察に行った事を、最初「行ってきた」と言ってすぐ「行かせてもらった」と訂正した。税金を使って視察に行くのだから、このくらいの心構えは必要である。
▼先日プリンターの「青インク」がなくなったと表示が出た。実はこの青インクは、容器を詰め替えて再販売しているメーカーの商品である。ところが3月頃一回入れ替えたが、インクが全く減らない状態が続いた。説明するとこの容器の半分はインクのタンクで、半分はインクが浸みる綿の様なものが入っている。つまりタンクが減らずに綿に浸みないから、作動不良である。手を青くして入れ替えたり、タンクや綿の部分にエアブラシを吹き付けたり、プリンターの接点にも同じ事をしたが、全然改善しなかった。普通に買えば1090円くらいで、詰め替えは790円だ。これは結局安物買いの銭失いになってしまった。印字は急いでいたのだ近くのスーパーで新品の純正品を買ってきて間に合わせた。

|

« ◇「この自由な世界で」を見る | Main | 投票できないのにはしゃぐ党首選挙 »