« ◇「バンク・ジョブ」を見る | Main | ◇「グッド・シェパード」を見る »

November 24, 2008

休日のパソコントラブル緊急出動

▼23日の朝日の朝刊を読んでいたら、八街市は国保料の滞納が日本一なのだという。それで今度の政府の下賜金は自治体であらかじめさっ引くという。そうだろうな、と思う。払わない理由というのが「家のローンの支払いが大変だから」というのが最も多いらしい。それは前から言われていたことだが、市原の某地区でも一時期建売住宅のラッシュだった。しかし最初は良かったが、生きていくには生活費がまず必要で、次々家を手放して今はゴーストタウンになっている。TVで「Tホーム」のCMをみのもんたがやっている。家を建てた青年に「支払いするために残業とか大変ではないの?」と言うと「それが意外といけてしまう。早く帰宅して家を楽しむ」という。家の支払いだけ考えていると、生活できなくなってしまうことを想定していないCMだ。
▼昨日は午前中仕事をやっていて、それがひと区切りついたのでブログを書き終えた。その瞬間に1本の電話が入った。「前にパソコン相談で電話したことがある」というが一瞬の事なので思い出せなかった。やがて2年前の暮れに、正月明けに学級通信を作れるようになりたいが、個人レッスンをして欲しいという電話があった人だと言うことを思いだした。そのときは新年に父が他界して葬儀になってしまったので。ご協力できなかった。それで23日の電話は生徒の評価を連休中に作らなければならない。ところがパソコンに何から分からない警告メッセージがでて困っている。データが壊れたら取り返しの付かない事になる、とおっしゃる。そういうパニックになった人は行くしかない。土日祭日と夜はそういう仕事はお断りしている旨をお伝えし、「有料です」と念を押してでかける。ほぼ1時間現地近くに着いて駅まで出迎えてもらう。
▼この辺は今でこそマンションが乱立しているが、自分が住んでいた当時はタヌキも出た。駐車場に太った猫がいたのでよく見るとそれはタヌキだった。それも呼び捨てにすると無視された。しかし「タヌキちゃん」と呼ぶとふり返って見つめてくれた。あるときタクシーの運転手さんが「タヌキをひいてしまったようだ」と言った。おそらくあの森からこの駐車場に餌を求めてやって来る帰り道に惹かれてしまったのだろう。というお話しだった。さて問題のパソコンの症状である。本当は生徒のデータは外に持ち出す事は出来ないが、教務主任の特別の許可を貰って自宅で作業をしている。友人達に電話で助けを求めたが、みんな行楽シーズンで連絡がつかなかった。そしてわたしの所に電話したのだという。パソコンの脇にはわたしの事務所の連絡先の書かれた新聞が置いてあった。パソコンも学校の支給のもので大きな○○教育委員会のシールが貼ってある。データはアクセスで作られていた。たしか入力しようとすると「一般保護違反」「データが消失する可能性があります」の文字が出る。それで二つほど前に戻して「上書き保存」をして再起動させたら、元に戻った。作業はそれだけだったが、一応メモリー不足かなと思って、予備のメモリーを持っていったがそれは使わずに済んだ。
▼作業を終えて取っても甘いお菓子をご馳走になる。ふと窓の外に目をやると新宿副都心の灯りから夕焼けに富士山が映えていた。そして部屋の片隅には、○万円分買って読んだが、何も役に立たなかったという、パソコン関連書が詰まってプラスティックの大きな衣装ケースが置かれていた。念のため、普通はこういう緊急の仕事はお引き受けしていません。

|

« ◇「バンク・ジョブ」を見る | Main | ◇「グッド・シェパード」を見る »