« もし「テロ」でも何も解決しない | Main | ドラマの裁判官と現実の裁判官の違い »

November 21, 2008

都内の紅葉は少し遅れ気味

Yasudakodo(安田講堂前のイチョウ、20日)
▼打合せがあって久しぶりに本郷にある大学に行った。銀杏並木や三四郎池の紅葉はどんな具合かと思ってカメラを持って予定の時間より早めに行ってみた。すると昨年同時期よりも紅葉の進み具合は遅く、イチョウの葉は真っ青だった。それでも三四郎池の中の島にあるハゼの木だけは色づいていた。(1面の写真参照)
▼今まで使っていた携帯は3世代前の物である。通話やメールだけだったら、これで十分なのだが、海外では韓国、台湾、香港くらいでしか使えない。それ以外の国へいくのに一々データを移し替えたりするのが面倒だ。ネットで調べて見るとドコモの新しい機種がでるというので905シリーズが今までの半額程度で入手することができる。さらにその会社では今まで使っていた機種を下取りにしてくれる。さっそく注文したら、代引きで翌日届いた。この会社とは始めての取引なので、銀行に先に振り込んでしまうと、それっきりになってしまう可能性もあるので、慎重を期して代引きにしたら、新品が送られてきた。
▼一番面倒なのはおサイフ携帯のデータの移行である。最初はそもそもSuicaのプログラムはプレインストールされていたが、現在は違う。そのプログラムとデータ移行に30分ほどかかったが、住所録は問題なく新機種に移動することができた。
▼ところが、携帯は準備できたら、20日に旅行代理店から一通の手紙が届いた。ご希望の地域の参加希望者の数が定員に満たないので、別の地域の旅行に変更して欲しいというのだ。ウーンあまり人が行かない所を希望したのがまずかったのかな?代替え地域は円高のため、サーチャージ込み8日間くらいで13万円とかなり安い。さてどこにするか思案中である。メルマガを送信すると2、3日はがっくり疲れる。本日は朝から多忙のためこれまで。

|

« もし「テロ」でも何も解決しない | Main | ドラマの裁判官と現実の裁判官の違い »