« 筑紫哲也の追悼番組を見る | Main | ◇NHK「ジャッジⅡ-4/二人」を見る »

November 16, 2008

Suica中毒にならないように

Todays_eye_70000
▼昨日は父の三回忌で日帰りで帰省していた。朝8時40分の新幹線に乗り、墓参をしてから会食をする。そのレストランというのは標高1050mくらいの場所にあった。3年前に他界した高校時代の友人の家約1000mの所にあり、そこから車で5分くらいの場所だ。経営者はクリスチャンで土日だけ予約でレストランを開いている、小懐石をしている店だった。みなさんにご紹介したいが、車でないといけないし、わかりにくい場所なので省略する。この時期紅葉が始まっていた。高度が高いところにあるドウダンツツジは葉が真っ赤に映えていた。そして唐松の葉も黄金色に染まっていた。日差しが強ければもっと映えていたのだろう。しかし風が吹くとその唐松の葉が針のように降ってくる。そして一瞬だったが針のような葉に混じって白い雪が舞っていた。もうしばらくすると除雪がないとそのレストランにも近づくことはできない。
▼それにしてもこの地域でも他の町村と同じく地域崩壊が始まっているという話を聞いた。公的な老人介護施設の突如の解散、家電店の相次ぐ閉鎖など、職を失ったら次がない。
▼金曜日夕方のフジテレビだったと思うが、Suicaなどのカードを「有効」に使っているj人たちが紹介された。そのうちの一人がどうやら千葉大生のようなのだ。黒砂の坂や稲毛駅前が写っていた。彼はこの携帯に入っているカード一枚で何でもできると豪語する。そしてそれで溜まったポイントを有効に活用するというのだ。しかし欠かせないのは携帯の充電器であるとレポーターは皮肉っている。この話は重要な問題が欠落している。それは個人情報が完全にカード会社に握られてしまうということだ。
▼わたしは時々ネットのアンケートや映画の試写会に応募しようと途中まで書き入れていくのだが、個人情報を詳しく求められるとそこで記入を止めてしまう。先日は某生協のアンケートで収入を書く欄があったので、「こういう項目は入れるべきでない」とメールを送ったら言い訳を送ってきた。映画試写会でも詳しく書くよう求められたから、1000円か1800円のチケットと引き替えに、相手に提供すべき情報でもないので、記入を止めた。利用するみなさんも個人情報と引き替えにチケットを貰って、あり難がることはやめましょう。
▼昨日湧々さんがブログの7万番をゲットされました。画像をトップに入れました。

|

« 筑紫哲也の追悼番組を見る | Main | ◇NHK「ジャッジⅡ-4/二人」を見る »