« ◇「ラ・ボエム」を見る | Main | NHKBS「ゴッド・ファザーⅢ」を見る »

February 17, 2009

自分が書かずに外電に頼る情けなさ

▼中川大臣のロレツが回らないというのは、わたしの場合と違って飲酒が原因だから始末が悪い。彼の酒依存症は有名な話で、記者たちは「中川は24時間酒の匂いが漂っている」と言っていた。だから動画を見ても、風邪薬の飲み過ぎとか、ゴックンしなかったというレベルの話ではない。それをかばった首相の支持率が更に下がるのは目に見えている。しかし不思議なのは、なぜ同行している日本の記者が書かないかだ。外国のメディアで「このように報道されている」というだけ。なぜなら大体こういう同行取材の記者には、様々な形で「お土産」が手渡されるのだ。だから筆先は鈍ってしまい、自分で書かずに「外電」を載せるだけになってしまうのは、とても情けない事だ。
▼今朝の朝日でも飲酒と大腸ガンの関係が統計で掲載されている。昨晩の12ch系の「主治医が見つかる」では「くも膜下出血」特集で♪「会うときにはいつでも、他人の二人」の金井克子が脳内診断の結果異常が見つかった。それは血管が脳の末端に行くにしたがって細くなり、かつ枝分かれ部分が年齢に比べて細く、かつ脳梗塞の跡がたくさんある。レギュラーで旭川赤十字病院の上山第一脳神経外科部長が、「金井さんもしかして、たくさん飲酒をされていませんか?」と聞いたら、彼女は「毎晩ワインのボトルを1本空けている」と答えた。このままでは間違いなく早めに認知症になるから、飲酒を止めて定期的に検査を受けることをお勧めします、と宣告された。10年くらいなら飲み続けている人はまだ間に合うかも知れない。しかし20年、30年となると最早手遅れである。まぁこう書いても「やる気のない人」には馬の耳に念仏だろうから、止めておこう。
▼昨日のNHK首都圏ニュースで住基ネットに接続していない国立市に、東京都は「接続するように指導する」とかというニュースが流れていた。おりしも昼間は確定申告がスタートしたこともあって、高橋英樹夫妻や松下奈緒などが電子申告をしている姿が一斉に流れていた。何度も書いているように電子申告には住基ネットカードが必須である。また国民年金を貰う手続きで「カード」があると便利だ。と盛んに宣伝している。しかし住基ネットカードには「期限」がある。そして最初にカードを作るときや更新するときにはパスポートや自動車運転免許証が必要となる。何だかとてもおかしなシステムだ。
▼それで東京都が国立市に対する指導に戻る。では名古屋高等裁判所で08年4月17日の控訴審で「自衛隊のイラク派遣は違憲」という判決が出たとき、国は真摯にそれを受け止め自衛隊を引き上げる動きでも見せたかというと、自衛隊幹部はその判決を軽蔑する言動を続けただけだ。自分に都合の良い判決は「伝家の宝刀」のように振りかざし、悪い判決には頬被りするというのは天に唾する行為である。中学校くらいの時学校で習った三権分立とはいったい何だったのだろう。結局法律というのは時の権力者の都合の良いように、ねじ曲げられて解釈されるのだろうか?

|

« ◇「ラ・ボエム」を見る | Main | NHKBS「ゴッド・ファザーⅢ」を見る »