« 疲労を翌日に残さない温灸治療 | Main | 都電にのって巣鴨のとげ抜き地蔵に行く »

March 20, 2009

握力が落ちて皿を3枚も割る

▼先週の「週刊金曜日」を読み終えたら、昨日もう今週号が届いた。その先週号に中山千夏が「リブらんか」というコラムを書いていて、ネットの検索で「中川(酒)」という項目があるので笑ってしまった、という意味の事を書いている。わたしもやってみたら「酩酊記者会見の画像が出てきた。
▼前にも書いたがウィルス対策ソフトを昨年の暮れに最新バージョンにしてから、ネットが重くなって困っている。いちおうメーカーにも問い合わせて、指示通りにやってみたが完全な解決には至っていない。それで「XPが重い」というキーワードで検索してみた。すると目的以外に「最近父の動きが遅くなった」というものまで出てきて一人で笑ってしまった。
▼それで昨日から今朝まで色々試みたが、ウィルス対策ソフトが入っているので、ウィンドウズのファイアーウオールを全部外してみた。今まで一つのウィンドウが開くのに30秒は軽くかかっていたのが、5秒に改善された。これで大丈夫かな?数日試してみよう。読者のみなさんは、自分のパソコンに必ず「ウィルス対策ソフト」の最新パターンが入っている事を確認してからお試しになることをお勧めする。
▼前日までの眼の回る忙しさは一段落したはずだった。ところが始業前から次々電話が舞い込んできた。その調整をしているうちに結局、某大学まで出掛ける事になった。午前中でその仕事は終わって、正午過ぎには所用がある表参道の駅まで辿り着いた。なぜか袴を着用した女子大生が多かった。会話を聞いていると、A山学院大学の卒業式らしかった。気がついたら、もうそんな時期になっていたのだ。
▼1週間の間に皿を3枚ほど割ってしまった。そのうち2枚は猫ちゃんのエサを入れる皿である。これは右手の握力の弱さから来ているのではないかと思う。退院してからも右手を中心に自分でリハビリしていた。明らかに右の握力は落ちていて、箸などを持っているときも「持っている」としっかり認識していないと、スルリと落ちてしまう事がある。皿の一枚は自分のスープを入れる深いものだ。納豆を小皿に入れて掻き混ぜていたら、それが滑って下のスープ皿の上に落ちて大きな皿の方が割れてしまった。またデスクの脇にハンドグリップと、握力をつけるボールを置いて反復訓練をしなければならない。
▼昨日の朝日朝刊の「天声人語」にでていたキューバのフィデル・カストロのコラムは「グランマ」の左にカストロの写真と50という数字が重なった部分があり、その下にFIDELと署名した部分があります。言語がスペイン語なので英語になおしてツールバーの翻訳ボタンを押すとおおよそ彼の言っている事がわかります。

|

« 疲労を翌日に残さない温灸治療 | Main | 都電にのって巣鴨のとげ抜き地蔵に行く »