« 経済危機がトルコを直撃 | Main | 握力が落ちて皿を3枚も割る »

March 19, 2009

疲労を翌日に残さない温灸治療

▼昨日のブログでマラカスと間違えて書いたら、夜半湧々さんから楽器と間違えないようにというご指摘を頂いた。女装趣味がないものでと、負け惜しみを言うわたしであった。
▼昨日まで色々な仕事が重なってしまい、かなり忙しかった。その一つは毎年恒例の「データ入力」である。みんな同じ筆圧とインクの濃さで書いてくださればよいのだが、そうはいかない。薄い鉛筆が一番読みにくい。小さな文字で○でかこってあると最悪である。また複数回答というところで、普通の人は数字の少ない順番に「1,2,3,4、5」等と入れて下さる。ところが中には「5,2,1,4,3」などと入れてあるとかなり頭は混乱する。昇順に書きいれてあると頭は瞬間に読みとって、作業はスムーズに進む。ところが昇順でないと、頭は混乱して読みこなすのに時間がかかる。それが混在しているとかなり疲れてしまう。次に困るのは記入すべきマスが一つしかないのに、自分でマスを付け加えてある人がいる。統計するマスは一つしかないので、せっかくだが、最初の数字だけいれて後は無視する。その他に欄外に文字を記入したものもあるが、残念な事にそれを生かす手段もないので無視する。
▼忙しかったので右肩に温灸を7個くらいつけて、翌日に疲れを残さないようにした。今年はこの方法を試みたら。3日ほど温灸を続けると翌日まで疲れは残らなかった。あとはなるべく一日おきに仕事をする。1日3時間以内にするなどの対策と、終わったら肩をグルグル回して血流をよくするように心がけた。「腱鞘炎にならないか?」と心配して下さった方もいらしたが、ことしのそれはもうヤマを越えたから大丈夫。
▼昨日は朝からくしゃみが止まらなかった。すわ花粉症かと思った半日でくずかごた一杯になるほどティッシュ・ペーパーを使った。データ入力は朝一番に残っていた一枚が入る部分を探し出したので終わる。それからひと月前から懸案の原稿執筆がある。これは15日が締めきりだったが、遅れることは事前に連絡しておいた。これも午後3時過ぎにメールで送って終わる。
▼先日は3ヶ月ぶりの血液検査だった。血中のコレステロールをしらべるのだが、朝食をぬいていかなければならないのはかなり辛い。これも歩いて5分のクリニックに変更してからかなり楽になった。まえは空腹のまま1時間電車に乗り、さらに徒歩15分の診療所だった。このひと月はアルコールは一滴も口に含んでいない。別にアルコールは止められていない。しかし飲むと食べる。食べると体重が増えるから止めている。これがどういう結果になるか?一月後にその成果がでる。夕べもくしゃみは止まらなかったので、午後10時過ぎ(あまり早くもないか)には蒲団に潜った。眼が覚めると白湯を飲み続けた。その結果汗はかなりかいたが咳などは止まった。
▼ブログは気がついたら8万番を越えていたが、どなたからも申し出はない。HPの「オール1」は数日中に来ると思う。明日はメルマガの発行日です。お出かけの方は早めに原稿を書き上げて下さるようお願いします。全員が揃った所で一斉送信します。

|

« 経済危機がトルコを直撃 | Main | 握力が落ちて皿を3枚も割る »