« NHKプロフェッショナル、瀬谷ルミ子を見る | Main | 海外旅行は景気のバロメーターか? »

April 24, 2009

泥酔タレント逮捕のタイミング

Fujimaturi(亀戸天神の藤開花状況)
▼しかし23日のNHKの昼のニュースのトップに来るような事件なのだろうか?昨日ブログリーダーを使ってあるブログを読んでいたら、「Kが捕まったらしい」という。そのリンク先を辿っていくと「2ch」だった。もし無名の酔っ払いが同様な事をしても、おそらくトラ箱に入れられ、翌日録音を聞かされて「説諭」されて放免になるはずだ。誰も報道しないが、この裏には芸能界を取り仕切る「Bプロダクション」とそれを擁護するためにそのプロダクションの顧問弁護士になっている、いわゆるヤメ検たちがいる。その巨大な利権が絡んでいるのだろう。
▼だが昨日国会では大変な事が起こっていた。いわゆる「海賊法案」が自民党と公明党によって衆議院本会議で強行採決をして、賛成多数で可決したのだ。ソマリアの海賊対策については何度も書いてきた。最近の例でいえばアメリカがソマリアに武力介入して失敗した。この経過は映画「ブラックホーク・ダウン」に詳しい。そもそもアフリカの貧困はヨーロッパ各国が先を争って植民地にして収奪をした事が出発点になっている。ヨーロッパの「先進国」による収奪で、現在の貧困が起きているのだから、まずこの問題を解決しなければならない。
▼国が崩壊してしまったソマリアを再建する道のりは遠い。しかし隣のソマリランドは武器を一掃して安定した国になっている。この経過は朝日の松本仁一の「カラシニコフ2」に詳しいので一読していただきたい。小銃などの武器をなくしていく経緯は、先日の「プロフェッショナル」や伊瀬崎賢治の「武装解除」を参考にされると良いと思う。武力ではなく、まともに働いて普通の生活をすることが出来るシステムを作るため支援すべきである。

|

« NHKプロフェッショナル、瀬谷ルミ子を見る | Main | 海外旅行は景気のバロメーターか? »