« 「松の廊下跡」を訪ねる | Main | ◇「フロスト×ニクソン」を見る »

April 06, 2009

規則でがんじがらめの千葉県の公立高校

Odoruhito(墨堤で何やら踊る人たち)
▼創刊15年目になったメルマガはお読み下さっただろうか?昨日は出先の食堂でNHKの「ミサイルバ○騒ぎ」を見てからTVのスイッチは切ってしまったので、何が起きているか分からない。録画して見たのはいつもの「ニュースにだまされるな」とアメリカに渡ったインド人家族の事を描いた「その名にちなんで」などだった。これはピューリッツア-賞を受けた作品を映画化したものだという。そのうち時間があったら書く。
▼昨日に続いてシャンテシネで「リリィ、はちみつ色の秘密」見て、浅草方面に向かった。御徒町から墨堤まで歩こうと思ったが、止めて上野駅から銀座線に乗り換えて東武浅草に向かう。何という人出だろうか?わたしはこういう人混みに行くと目眩がする。台東区側をX橋まで歩き、グルッとUターンして墨田区側を言問橋まで戻る。そこから言問通りをずっと自宅まで歩いて合計1万歩になった。
▼先週届いた「週刊金曜日」の書評欄に北原みのり(ラブ・ピースクラブ代表)が千葉県知事になった森田健作が「かっこいい千葉県をつくる」と言ったことに関して、千葉で義務教育を受けたが「千葉を良いなと思った事は一度もない」と書いている。北原は千葉の公立高校を卒業したのだが、そのとき「あれは変だ」という想い出を次のように語っている。朝夕の日の丸の掲揚をするときは、たとえトイレにいても、君が代を聴きながら直立不動で黙祷しなければいけないルール。忘れ物をしたら先生に内股をキュッと爪でつねられるルール、給食配膳中は炎天下でも外に出て大声で歌を歌い続けるルール。男子は「君づけ」女子は「呼び捨て」ルールだったという。千葉の公立高校出身の方は読者でかなり数が多いと思われるがその真相をメールでお寄せいただきたい。今朝は多忙のためシネマ「フロスト×ニクソン」の紹介は明日以降になる。

|

« 「松の廊下跡」を訪ねる | Main | ◇「フロスト×ニクソン」を見る »