« なぜ、サプリメントの大々的なCMが… | Main | 知らなくて歌えなかった賛美歌420番 »

September 12, 2009

「千の風になって」を嫌いなわけ

▼昨日昼のNHKだったかCNNを見ていたら在沖縄米軍で911事件の犠牲者を追悼する集会を放映していた。司令官の挨拶のあとM16で弔砲を放っている所が、「追悼」というのはあくまでも軍の立場であるところがアメリからしい。ふとこの日自分は何をしていたか思いだした。夕方から江東区のM氏宅で『鍵盤乱麻』アクセス1万号記念集会をささやかに開いていた。集まってくださったのは5人ほども読者の方々だった。みなさん飲んでいるうちに終電の時間になってしまい、駅まで必死に走ったらしい。わたしは終バスで自宅まで戻ったような気がする。そして風呂から出たとき家族から「貿易センタービルが燃えている」と報告があり、続いて2つ目の爆発があった。
▼昨晩ケーブルTVの「ヒストリーチャンネル」で今まで未公開だったフィルムも含めて事件発生から2時間くらいでビルが崩壊するまでを、様々な人達が撮った映像を編集して放送していた。ここでわかる事は誰も「飛行機がビルに当たった瞬間」を見ている証言はしていないことだ。「誰かが言った」「言ったのを聞いた」と言っている。この事件に関しては、きくちゆみさんが繰り返して検証しているので、それをごらん頂きたい。わたしはアメリカ政府とは異なる立場を取る。
▼3000人がなくなって、今朝の報道ではニューヨークでは追悼集会が開かれた様子が流れている。事件直後5番街当たりでは、裕福そうな男達が口々に「ビンラディンを殺せ」、「アラブ人は皆敵だ」」、「すぐに戦争を起こせ」と口々にわめいている。誰が爆破したか分かっていないうちに、アメリカのマスメディアは巧妙に「報復戦争の開始」を煽っていたのだ。
▼ネットでイラク戦争で犠牲になった人の数を調べて見ると、ちょっと古いが65万人という数字が出てくる。3千人のアメリカ人を殺された代償に、罪もない65万人の一般人が殺されて良い理由は何もない。アフガニスタンでも同じように罪もない人びとがアメリカ軍を中心にした多国籍軍によって殺害されている。わたしはあの「千の風になって」という歌は3千人の人びとを悼む歌だと聞いて、3年前町であの歌が溢れかえっていたとき、ずっと耳を塞いで音源の前を足早に通り過ぎた。みなさんこのブログをお読みになっているとき、わたしは新幹線の車中にいる。

|

« なぜ、サプリメントの大々的なCMが… | Main | 知らなくて歌えなかった賛美歌420番 »