« 「千の風になって」を嫌いなわけ | Main | ◇「プール」を見る »

September 13, 2009

知らなくて歌えなかった賛美歌420番

▼この歳になると圧倒的に葬儀に参列する事が多い。しかしわたしは幸いな事に、5月にあった友人の披露宴に引き続き、今年二度目の結婚式に参加させてもらう事になった。新幹線某駅前にホテルはあった。式はキリスト教方式だった。こちらもにわか信者になる。困ったのは讃美歌である。一つの312番はかろうじてメロディーだけは知っていたが、二つ目の「429番」は全く知らない曲だったので、口をパクパクさせてしまった。アルヒーフで出ていカール・リヒターのバッハのカンタータ選集全5巻(各3枚)は持っているが、これらの曲は入っていなかった。1週間前に往復のチケットを購入した。「大人の休日」か「ジパングクラブ」で買えば安くなる筈だ。駅のみどりの窓口の係員さんは「ちょうどこの時期3日間有効のパスの方が安い」と教えてくれたので、それにした。チケットは明日まで有効で、その気になれば函館まで行ってくる事ができる。しかし仕事も忙しいのでそれにトライしている時間はない。今週末も忙しいので、きょうは映画館を2軒ハシゴして、「プール」と「イメルダ」見てきた。感想は別途書くので待たれよ。
Duke(mobile)

|

« 「千の風になって」を嫌いなわけ | Main | ◇「プール」を見る »