« パソコントラブルに行って見たら… | Main | 中学校時代の同級会に出席する。 »

November 29, 2009

◇「フツーの仕事がしたい」を再度見る機会があった。

Hibiyap(28日の日比谷公園,年末にテント村はできるのか?)
▼朝一番で銀座シネスイッチで公開が始まった「戦場でワルツを」の初日初回を見た。感想は数日中に書くが、映像は全部とてもリアルなアニメでイスラエルがレバノンを侵攻したとき、右派住民によるパレスチナ人の大虐殺を描いている。映像はとても優れているが、何だかこの映画を見ていると、侵略者である筈のイスラエルが正義になっているように思える。
▼午後は某会議に「参加者が少ないので来てくれ」と言われて出席する。会議の開催に先立って半年ほど前に渋谷ユールスペースで公開された土屋トカチ監督の「フツーの仕事がしたい」をDVDで上映した。しかし見に来ているのは全員労働組合に組織されている、フツーではない人なので、監督の意図がどこまで伝わったのだろう。一人でも「ああ自分も映画を作って見よう」と思う人が出れば成功なのだが、そうはなりそうもない。それに参加者を集めたいのであれば、ネットでこの映画を上映するからとPRすれば、数人は集まってくれるのではないかとも思う。ネットと紙の融合とかけ声だけは高いが、ネットを使うつもりがまったくない。現にその組織のWebを見ると,会議のことも映画の事も一言も触れていない。もちろんブログなど作っていない。何か目標があって、「何か新しい事をやろう」という事でもないので、飲み会は断って帰宅する。
▼新宿駅の東口周辺には日の丸を持った人たちが50人くらいいて、通行人に「在日外国人に選挙権を与えようとする民主党に反対しましょう」と声を枯らしていた。
▼金曜日の会議の時某友人は「最近文章を書こうと思っても中々まとまらない。どうやら惚けのはじまりかも知れない」と歎いていた。昨日会った友人も「書く気力もTVを見る気力もなくなってきた」とおっしゃっていた。うーむ「自覚しているうちは惚けではないよ」慰めておいた。読むことも、書く事も訓練をしておかないと、イザという時書けないからわたしの場合内容の善し悪しは別にして毎日書き続ける。
▼ネットで知ったのだが、昨日は何やら「ものを買わないのが最高のエコだ」という日なのだったしい。わたしも同意見であり、エコカーとか省エネ家電など、まやかしだと思うから買わない。ついでに本もどうしても必要だと思うもの以外買わないことにした。本は買うと、手元にあるからいつでも読めると買うだけで安心してしまう。実はこの1年間飼った本は雑誌が1冊で単行本が2冊だけである。あとはメルマガでご存知の毎月平均20冊程度は図書館の本で読んでいるから、年間金額にすればおよそ50万円くらいにはなるから納税した元は取れていると思う。なぜ沢山よめるか?それは図書館の本には返却期限があるからだ。

|

« パソコントラブルに行って見たら… | Main | 中学校時代の同級会に出席する。 »