« にわか信者「その二」 | Main | リスボン憧れの路面電車に乗る »

January 12, 2010

ついに猫を発見する。

ついに猫を発見する。
今までなぜか猫ちゃんには出会う事はなかった。ナザレのホテルの朝手持ち無沙汰だったので、入り口近くに飼い犬が二匹いたので、キャットフードを一袋与えた。最初犬は初めて嗅ぐ臭いに警戒して、退いた。仕方なく、路上に散らばった餌を全部拾い集め、一粒ずつ与えると、ワンちゃんは果たして食べ始めたではないか。全部たべおわると、更に催促した、しかし他のは、ギャジットパッグに入れてしまったので、それで終わった。
▲つぎにオビドスと言うの人口数百人の城壁でできた村に行く。むら全体が、土産物の様になった城跡に人々は暮らしていた。その中に三匹の猫をついに発見した。写真を撮って猫撫で声で誘って見たが見向きもされなかった。他の外国人客も「ミャオーミャオー」やって見たが結果は同じだった。「写真はオビドスの城壁から見たオビドスの村」
Duke(Lisboa)

|

« にわか信者「その二」 | Main | リスボン憧れの路面電車に乗る »