« 実質3千円で最新の携帯に買い替える | Main | NHKHV「兵士たちの戦争/瑞鶴」を見る »

February 27, 2010

読めない漢字の連続

▼久しぶりに土日が休める。 張り切って渋谷のミニシアターに出掛けようと思ったらこの雨で、出掛ける決意が少々鈍っている。それでも昨日は夜遅くまでかかって仕事に一区切りがついた。25日夜日本テレビ系「スーパーサプライズ/ミリオン・ダイス」という番組があり、この日はタレントの小森純が「24時間以内に字検定1級レベルの難読漢字を100個読めるようになれ!」という課題に挑戦していた。憶えるのに苦労して途中で挫折してしまう。スタッフが「憶える天才がいるからその人に教われば良い」とアドバイスする。その人とはプロデューサーをしていた女性で、出身校が一橋大学だというのだ。
▼その記憶方法とは「リズムをつけて憶える方法」だった。なぜこんな事を書いたかというと、昨晩の仕事と若干関係があるからだ。それは目の不自由な人のために、紙に印刷されたデータをテキスト化する。昨日その難解な文字とは「躑躅」、「覆盆子」、「鴨頭草」、「一盞」、「韃靼海峡」だった。わたしは一生懸命勉強しているつもりだが、ほとんどお手上げだ。パソコンには電子広辞苑が入っているが、正しいと思われる読みを入れても変換しない。仕方なく、手書き文字入力機能を使って時間をかけて読めない文字を埋めて完成させた。常用漢字にない文字を使って誰に何を訴えようとしているのか、この出版物の発行意図をわたしには理解ができない。単に自分はこんな難しい漢字を知っている、ということを他者にアピールしているとしか思えない。

|

« 実質3千円で最新の携帯に買い替える | Main | NHKHV「兵士たちの戦争/瑞鶴」を見る »