« 中国はなぜ社会主義国ではない、と思うか | Main | NHKHV「朝鮮人皇軍兵士/遥かなる祖国」を見る »

March 27, 2010

なぜこの時期に「毒入り餃子」容疑者が逮捕されたのだろう

▼昨日朝刊を読まずに出掛けて、帰宅してから朝日の「誰が支えるのか」というページにとても面白い記事があった。某政党幹部が人と会ったときも「党員になってもらおうとか、党への投票してもらおうかは抜きにして」「おう、どないしておる」と「聞き上手になろう」と心がけているという。今更何をおっしゃる、という気がするがこの政党は選挙の直前になると「対話、対話」とハッパを書けているから笑える。それだけ日常的に普通の人との会話がないということなのだろう。いや実際にその政党の構成員と思われる人と会話すると、他人(対話相手)の話を聴かず一方的に話をする人が多い。さらに会話して納得しているような様子をしているが、一月後に会ってみると前回話した事をまった実践していない。つまり他人の話を聴く姿勢はまったくないので、会って話をしても意味がないと悟ることになる。
▼そして今朝のラジオや新聞のトップニュースは2日前に書いた「毒入り餃子」容疑者逮捕という発表である。こんな簡単な事件を解決するのになぜ、2年間もかかったのか?ニュースで容疑者は「職場で差別された。賃金が長い間上がらなかった」と語り、彼の故郷の川から毒を注入するのに使ったと思われる注射器2本が見つかり、農薬であるメタミドボスが検出されたと、念が入った報道をしている。もしわたしが容疑者ならば注射器は綺麗に洗浄し粉々に砕いてどこかに捨てている。川は流水なのだから、捨てた容器に農薬が残っている筈はない。この「容疑者逮捕」発表劇からは、先日書いた18項目の報道規制からして、何か政治的な匂いがしてならない。

|

« 中国はなぜ社会主義国ではない、と思うか | Main | NHKHV「朝鮮人皇軍兵士/遥かなる祖国」を見る »