« ◇「シャーロック・ホームズ」を見る | Main | 引きこもりをしていた押井守が気づいた事 »

March 20, 2010

映画にクラシックコンサートの一日

▼メルマガの送信日は色々忙しいのでブログはどうしても手薄になる。昨晩は編集会議、わたしは月に一度この日にしか飲まないので、ちょっと飲んだだけでも翌日に残る。今朝は映画「NINE」の初日を日劇に見に行った。先週シャーロック・ホームズ」を見ていたら面白そうだったので、初日初回に行ったが、さほど面白くはなかった。いやおもしろさに期待して行ったわけではない。予告にソフィア・ローレンが出ていたので驚いてしまった。ソフィア・ローレンは高校時代のわたしに取ってとても妖艶な存在だった。主人公の映画監督である、ダニエル・ルイスの回想シーンで母親役で出演していたが、まるっきり年を取ってない。
▼午後からわたしの家の近くのホールでクラシックのコンサートがあった。クラシック音楽好きで、月に一度くらいメールを下さる方にだけご案内したが、みなさん都合が悪かったので、一人で聴いてきた。あまりメジャーな曲目ではなかったが、ウォルトンのバレエ組曲「賢い乙女たち」と、リヒャルト・シュトラウスの「クープランのクラブサン曲による小管弦楽のためのディペルティメント」だけ聴いて帰ってきた。
▼昨日届いた「週刊金曜日」3月19日号では28ページの「911当日からの数々の謎と疑惑」という現場跡地を目撃した山崎淑子さんの話は凄かった。彼女は現場の写真や映像それに粉塵のサンプルを持っていたがFBIに踏み込まれて押収されてしまった。その理由というのが「911の被災を偽った支援金の詐欺未遂・共謀という理由だ。さらに日本にいたのにアメリカに強制送還されアメリカの刑務所に入れられていた。

|

« ◇「シャーロック・ホームズ」を見る | Main | 引きこもりをしていた押井守が気づいた事 »