« NHK「追跡AtoZ無縁社会の衝撃」を見る | Main | ◇「NHKETV特集/世界的文豪トルストイ」を見る »

April 06, 2010

◇NHKBSで「影の軍隊」を見る

Simizupark(雨に煙る清水公園)
▼雨が降って寒いが、南風が吹いてとても蒸し暑い日だった。こんな悪条件の日に取材で野田市の清水公園に出掛けた。公園は雨に煙っていたが人出はすくなく、桜は水面に映えていた。レストランもガラガラだったので、一緒に行った二人はオムライスを注文し、わたしはドリンクバーだけ注文し、持参した弁当を食べてきた。取材自体は2時間少々で済んだが、蒸し暑さのせいか帰宅してからぐったりしてしまった。みなさん昨晩お送りしたメルマガお読み下さいましたか?
◇「影の軍隊」先週NHKBSで深夜に放送されたので録画した見た。監督は * ジャン・ピエール・メルヴィルである。ナチスドイツに占領されたフランスの地下抵抗組織の話だ。大学教授のフィリップ(リノ・バンチェラ)は何か情報が漏れて仲間が次々逮捕、処刑されるのでその原因を探ろうと、わざと逮捕されてナチスの留置場に入る。すると変電所の職員が執拗に脱獄を誘ってくる。「ボクが電源を切った瞬間、高圧電流を流している有刺鉄線を潜って逃げれば良い」と。しかしその仲間と思っていた変電所の青年が、実はナチスと内通していた。フィリップは逆に彼と一緒に脱獄し、仲間達の手で絞殺する。
▼次々と仲間は逮捕されナチスの手で拷問され、瀕死の重傷を負っている事を知らされる。何とか助けるか、青酸カリを手渡して楽にさせてやることはできないだろうか?「影の軍隊」の出番となる。フィリップはある時はイギリスに脱出して、英国情報部の指示を受ける。英国側は他の映画を見てもそうだが、抵抗組織にてこ入れする事は好まず、ドゴールと一緒に行動するよう勧める。フィリップは一度もパラシュート降下した事もないのに、「転ぶよう着地しろ」といわれ、傘が開いた状態で投下され無事着地する。しかしこんな事ホントかいなと思ってしまう。マチルダは勇気ある女性で、収容されている主要メンバーを「ゲシュタポに移送する」と看護婦を装って救出しようとする。しかしナチスの軍医は「拷問で虫の息になっているので移送は無理だ」と結論し、救出は失敗する。
▼フィリップは救出作戦で大けがを負って、村はずれの一軒家に密かに隠れている。そのときマチルダがナチスに捕まったと知らせを受ける。しかもパスにあれほど禁止しておいたのに、自分の娘の写真をはさんでおいた。最初口は割らなかったが、娘をナチスの慰み者にする、といわれ口を割って釈放された、という知らせが来る。口を割ったという事はフィリップの隠れ家を密告したに違いないとフィリップは結論する。そして彼の最終的な決断とはマチルダの処刑だった。明日の展望も見えない、ナチスに対する抵抗組織の矛盾と悩みを克明に描き出している。

|

« NHK「追跡AtoZ無縁社会の衝撃」を見る | Main | ◇「NHKETV特集/世界的文豪トルストイ」を見る »