« 国民に「罷免」されるべきはどちらか? | Main | NHKHV◇「兵士達の記録/玉音放送を阻止せよ」を見る »

May 30, 2010

ipadのケースだけが店頭に並んでいた。

▼毎日このように気温の上下が激しいと、寒くなった日は真冬かなとおもってしまう。しかし実際には20度以下でせいぜい16度くらいである。一旦温かさになれてしまった身体は気温が下がるとかなり下がったように感じる。一昨日も電車にのったらお年よりが「寒い、寒い」と呟いて震えていた。昨日も道路を歩いていると中年男性が「おお寒い」と大声で叫んで回りの人が驚いて振り向いていた。わたしは室内にあっても、再びティッシュペーパーボックスが手放せなくなっている。
▼ここ1年ほどのTVニュースを聞いていて、NHK始め全社とも「警察への取材によれば」と同じなのだ。記者は大体その現場に行って被害者や回りの人たちから直接話を聞くのが取材の手順だと思う。しかし1年前は「警察の発表によれば」から「警察への取材によれば」と変更になった。これはとりもなおさず警察発表を右から左に伝えているのが、いまの記者の取材スタンスである事が分かる。さらに強盗などの容疑者を取り調べた結果も同様に「遊ぶ金が欲しかった」と言っている。これなどの警察官が調書をとるとき「三択」かなにかになっていて、1)遊ぶ金、2)借金の返済、3)子どもの学費というような具合になっているのだろう。それで容疑者に「1だな?」と言う事でなっとくさせる。▼今朝8時からBSフジでベンツが提供するドライブの旅で「佐久と小諸」を放映していた。これは金曜日の深夜にやった番組の再放送である。しかしシナリオ作家の語彙の不足とナレーターの勉強不足が目立つ。それは風景を見て「癒される」という言葉が前半に3回も出て来たこと。「癒す」という言葉の語源は大辞林によれば「動サ五[四] (1)病気や傷などをなおす。「温泉で傷を―・す」(2)悲しみや苦痛をなくす。「恋の痛手を―・す」 「かわきを―・す」だとなっているから、すでに何らかの傷をもっていなければ「癒される」という使用法は正しくない。数年前に大学生らしい男が「元ちとせ」のコンサートに来て「癒される」と言っていた。しかしこのような場合、社会の荒波も知らない学生が何をぬかしているか?と言いたくなってしまう。つまり「癒す」、「癒される」というのは一見美しい様に見える言葉だが、最近は使い方を間違っているのだ。さらに番組では「古文書」を「こぶんしょ」と読み、「浅間山」を「あさまさん」と読んでいるのである。マンガばかり読まないでもっと勉強しろよな。
▼そういえば所用で某Yカメラの入っているビルに立ち寄った。するとIPADのケースだけ大量に売られていた。IPADの本体は数量が入って来ないが、ケースだけは自由に作る事ができるので販売されるという逆転現象が起きている。持った人の話によれば片手で持てるような重さではなかったという。さらに電池は8時間程度。もっと問題なのはネットで販売できる書籍には審査らしきものがあるという事だ。そうするとわたしの必要とする反権力や反体制の本はまずまったく手に入らないという事になる。ノートパソコンもそうだが持ち歩くとき電池の残量を気にしながら使うことほどストレスを感じることはない。それに文字はディスプレイによる電子情報ではなく、紙に書いたものの方が頭に入るという事が外国の研究で明らかになっている。
▼なぜメディアがこういう物に飛びつくか?それは人が集まるところにカネが集まる。カネが集まるところに政治が生まれるという昔からの諺を体現しているからだ。つまりカネを再分配する魅力を感じて政治が動くのは紀元前から何も変わっていない。しかしわたしの実家など過疎地に近いところにあるが、ダイアル回線でしかネットは繋がらない。店はない。図書館まで5kmはある。村の診療所も廃止されようとしている。IPADで支配者に都合良い情報をながす止めて、巡回図書館バスでも走らせる方が、国民が等しく情報を共有する近道だと思う。
▼昨日のアンケートにはご協力いただけましたでしょうか?まだの方は早速アクセスして下さい。

|

« 国民に「罷免」されるべきはどちらか? | Main | NHKHV◇「兵士達の記録/玉音放送を阻止せよ」を見る »