« 「護憲」の前に安保を語れ…ダグラス・ラミス | Main | 外務官僚に屈した鳩山前首相 »

June 06, 2010

ATMを撤去すれば振り込め詐欺は確実に減る

▼昨日京橋のテアトル銀座に「ブライト・スター いちばん美しい恋の詩」の初日初回を見に行った。「ピアノ・レッスン」のジェーン・カンピオン監督久しぶりの作品なので期待して行った。「世界で最も美しい詩」韻文詩を作った英国の詩人、ジョン・キーツの短い生涯を描いた作品だった。カメラワークも平凡、主演の二人が決してうまい演技とは言えなかった。最後に映画館ですすり泣く姿も見られたが、詩を読むことがないわたし向きの映画ではなかった。
▼「マイ・ブラザー」も公開された。この映画はすでにご紹介しているが、2007年にデンマークの『ある愛の風景』のリメイクである。映画館の広告看板を見ると田母神始め怪しげな芸能人ばかりが推薦しているので見に行くことはない。
▼昨日の朝日別刷りの「be」に女性の飲酒について書かれていた。差別がテーマではなく、女性は肝臓が男性と比べて小さいのアルコールの分解能力が遅い。それでアルコール依存症になる確率が高いという説明である。わたしの友人にもお酒の大好きな女性が4、5人いる。しかし中にはもう既に手遅れと思われるかたもいる。年齢が若ければ、1回グラス2杯くらいにして、1回飲んだら最低3日間あける。出産を希望している場合は、妊娠の1年前から飲酒は控えたほうが賢明であると思う。(つまり2年間)お腹の子どももアル中にならないようにするために。
▼昨日駅に向かって歩いていると改札口に変な男が「振り込め詐欺は許さない」と看板で叫んでいる。良く見ると「潮来笠」の橋幸夫である。あの年で髪の毛があの色であの量ということはかなり染めているか、カツラをつけているのだろう。それこそ詐欺ではないかと思う。ま、良く考えればカツラのCMをやっている訳ではないから問題ない。しかしいつも思うのだが年金の支払日になると金融機関の窓口には警察官から刑事まで動員されて張り付いている。振り込め詐欺の最大の原因は、現金を簡単に引き出せるATMの存在なのだ。とすると年金の振り込み月はATMを一切使えなくしてしまえば、被害は確実に減ると思う。銀行の窓口の人員を減らして、その補充というか警戒を国民の税金を使った警察官にさせるなど本末転倒ではないか。儲かっているのは銀行と詐欺集団それにATMを作っているメーカーである。
▼ついでに腹が立っていること。プルサーマルのTVCMである。「わたしは必要だと思います」といって渡瀬恒彦と岡江久美子が原発燃料の再利用計画を訴える。必要なら彼らが家族を引き連れて原発のすぐそばに引っ越して安全性を訴えれば良い。そうすれば「安全」を信用するがこういうCMは国民を愚弄していると思う。
▼スカイツリーの下で飲む会は7月10日(土)午後5時頃から押上駅近くの居酒屋で開きます。参加ご希望のみなさんには詳しいご連絡を差し上げます。

|

« 「護憲」の前に安保を語れ…ダグラス・ラミス | Main | 外務官僚に屈した鳩山前首相 »