« NHKETV「新たに見つかった沖縄戦の映像」を見る | Main | ◇「アルゼンチンタンゴ/伝説のマエストロたち」を見る »

July 05, 2010

「喫緊」(きっきん)という言葉を使いたがる人たち

▼夕方図書館にリクエストしておいた本を引き取りに行く。前日うさこさんが「ゲストハウス」で紹介して下った本などだ。これは250ページあったが面白かったので、午後11時には読み終えてしまった。先日会った人は「時間ができたら本を読む」と言っていた。わたしの場合、怠け者だから暇があると集中力がなくなる。だからかえって忙しい方がたくさん読むことができる。一番良いのは一日○○○ページと決めることだ。後回しはダメ、読もうと思ったら寝ないでも(最近は体力が落ちているのでそういう無理はしない、いやできない)読むことだ。
▼図書館を出ようとしたら、不在者投票をこの建物でやっている事がわかった。わたしは家にいることが少ない。家族に聞くと「先輩だ、後輩だ」と言って色々電話が掛かってくるらしい。わたしはお人好しではないので、先輩、後輩、顔見知り程度では絶対一票を入れることはない。だいたい普段音信不通で、選挙の時になって親しげな声を掛けてくる方が怪しい。そういう迷惑電話を防ぐ意味でも不在者投票をしてしまおうと考えた。「投票用紙は持って来ませんでした」というと、所定の用紙に住所氏名などを書かされてそれですぐ投票する事ができた。
▼毎朝NHKラジオを聴いているのだが、このところ関東地域の参院選の候補者の経歴と政見放送が流れてくる。先日はI県の候補者だった。しかしその候補者の政見でしゃべっている内容はあまりにもお粗末である。同県にあるTという一流大学を出ていて、外国留学をしていてこの程度の頭しかないのかとガックリくる。今朝はS県だった。その1人の候補者が話の中で「喫緊」(きっきん)という言葉を何気なくしゃべった。この言葉こそ先週の「校正」で問題にした言葉だ。C県議会でJ党の議員がしゃべって言葉として文中に出て来た。わたしは不勉強で、この「校正」の時まで言葉の意味をまったく知らなかった。それで「角川類語辞典」を調べて言い換えを提案した。
貴い、得難い、高貴、貴重、大切、大事、肝腎、肝必要、肝要、緊要、第一義、有意義、宝、生命、命の綱
このように分かりやすい表現はいくらでもあるではないか。しかしJ党が議会の演説でつかったのではそのまま使うしかないだろう。
▼それで今朝使った政党の候補者も、「J党」も今度の選挙でますます議席を減らすと予測されている政党である。「喫緊」など「善処」と同様官僚が揚げ足を取られないための言葉であると思う。歴史の舞台から消えゆくものは、訳の分からない言葉を得意げに使う。大体辞書を使わないと分からない言葉や、「新聞用字用語辞典」にもない言葉は使わない方がいい。
▼本日メルマガの原稿締め切り日です。昨日は休日だったのでほぼ完成しています。なるべく早い投稿をお願いいたします。

|

« NHKETV「新たに見つかった沖縄戦の映像」を見る | Main | ◇「アルゼンチンタンゴ/伝説のマエストロたち」を見る »