« 「ETV特集「食べられなくても生きられる」を見る | Main | 1000年たっても残るのは和紙と墨書 »

July 29, 2010

ついに携帯型電子辞書が発売になる。

▼昨日の検索用語で「ヒロシマ少女たちの日記帳」がかなり多くでてきた。調べてみるとNHKで8月に2回に渡って再放送されるからだ、ということが分かった。さらに主人公となった女性の名前が検索用語にはいっているのは滑稽としか言いようがない。というのは彼女に関する限り一枚の写真が残っているだけだからだ。しかもそれはドラマの主人公とは大違いで、かなりがっしりした感じの女性である。何を勘違いしているんだろうか。
▼さらにアルベルト・バーヨの「ゲリラ戦教程」というのもあった。これは日本では公刊されていないと思う。わたしは昔タイプ印刷された物を手に入れたが、今はどこかに行ってしまった。おそらくゴミと一緒に捨ててしまったと思う。
▼デスクワークが多いと身体に悪い。かと言って昼間出歩くのはさらに良くない。夜9時頃になると多少は過ごしやすくなる。それで競歩を始める。近くのスカイツリーまで歩いて大体12、3分で着くことができる。直下まで歩いて明るい歩道を往復すると約30分で済む。今は内部の工事をやっているので、ここ1ヶ月ほど高さは変わらない。これで一汗かくと一杯のビールも美味しく感じる。
▼昨日の新聞を見ていたら遂にシャープからブラック・ベリー型の電子辞書が来月発売になると発表された。コンパクトカラー電子辞書“Brain(ブレーン)”<PW-AC10>というのだが、これを持ってあるけば、分からない言葉をメモに書いて自宅に帰ってから調べるという手間が省けそうだ。
▼きょうは一日忙しいので、昼間の部はこれで終わり。

|

« 「ETV特集「食べられなくても生きられる」を見る | Main | 1000年たっても残るのは和紙と墨書 »