« 相変わらず選挙報道で氾濫する「戦争用語」 | Main | 研修で鬼怒川に来ている。 »

July 08, 2010

わらしべ長者の気分になった一日

Edamame2
(取材先で枝豆を頂いた)
▼昨日仕事で朝一番で某大学のブックセンターに立ち寄る。すると、帰り際にマドンナさんに挨拶されてドギマギしてしまった。この方は女性の水玉さんをして、本を買うため対応してもらうだけで顔がポッと赤くなってしまうという方である。言わば汚れを知らない純真な女子高生がそのまま大人になってしまった様に見える方だ。年齢はおそらく40代半ばかな…。わたしの事を憶えていてくれて挨拶され、きょうは幸先が良いいなと思ったら、案の定一日良い事ずくめだった。
▼それからN市に枝豆農家の取材にMINさんと一緒に出掛けた。今回わたしはカメラである。待ち合わせの1時間前に着いて産直の野菜販売所に行く。家族にブロッコリーを買って来てくれと頼まれていたので、都内のスーパーで買うよりはこちらの方が新鮮なので1個130円のものを3個買う。さらにぼた餅が美味しそうだったので2個入り330円のを買う。そして弁当を食べ、待ち合わせ場所で待機する。
▼目的の農家に行ったら歓待してくれて、ゆでたての枝豆をいただき、さらにお土産として瓜と枝豆を、スーパーバッグに2つも頂いてしまった。猫のエサも買わなければならなかったが、荷物の野菜が重くて仕方なくバスに乗って帰宅する。夕方10日の飲み会のお願いのメールを送り続ける。MINさんがどうしても来て欲しい方にメールを送ると「参加OK」というご返事をいただく。さらに家には銚子市の友人から、メロンを送って下さるという前日のご案内メールの通りメロンが届いていた。という事で充実した一日であった。

|

« 相変わらず選挙報道で氾濫する「戦争用語」 | Main | 研修で鬼怒川に来ている。 »