« 早朝茨城、千葉北東部で地震発生 | Main | 原稿は仕上げたが、仕事は山積み »

July 24, 2010

理研のわかめスープは中国製だった。

▼昨晩の編集会議の後、友人A氏に呼び止められた。「バラの話」と「ペシャワール会」の話はとくに良かったですね」とおっしゃっていただいた。自分としてはペシャワール会は関連本を沢山読んで準備をしたつもりだ。だから取材で聞いた話が半分、あとはその本から得た知識で書き上げた。さらにその後の飲み会は「筆が滑るように書いた」という話や「あくまでも直感で書く」という人の話も出てかなり盛り上がった。わたしは午前中に書かねばならない記事が一本あって、残念ながらこのブログに手間取ることはできない。しかし毎日書いているからその積み重ねで、発想が豊かになるということはあると思う。ブログは言わば記事を書くための引き出しづくりとも言える。
▼昨日理×の偽装わかめスープの話が報道されていた。スーパーなどで売られている同社の製品が、国産ではなく中国製だったというのだ。しかしわたしが見ていたバラエティの旅番組「シルシルミシル」ではひと月ほど前に中国で同社のわかめが加工されているという話しがでていたので、何を今更という感じがした。この程度の話は取材しなくてもTVを見ているだけで書く事ができるのに、大騒ぎしている。
▼そして今朝7時のNHKニュースではまたまた金賢姫が特別インタビューに応じていた。肌は透き通るように綺麗立った。しかしNHKはかなり危ない橋を渡っている。取り調べはとっくに終わって、全貌は韓国の情報部が全部把握しているはずだ。それがわざわざ日本に呼んだ所で別の話が出て来たら、韓国情報部が怒ってしまう。しかし今彼女を呼んで密かに軽井沢にある鳩山の別荘で話を聞くということが、北に敵対するメッセージを送るということなのだ。とくに今回NHKだけが夢中になって報道している。おそらくその背景には元ワシントン総局長ら右派の働きかけがあったと見るのが適当だろう。

|

« 早朝茨城、千葉北東部で地震発生 | Main | 原稿は仕上げたが、仕事は山積み »