« 遺品のCD類を大量にいただく。 | Main | ◇「瞳の奥の秘密」を見る »

August 23, 2010

「サイコ」の手を使えば不正給付も夢ではない。

▼一週間ほど前にあまり親しくない地方にお住まいの二人に、頼まれていた用件でメールを送ったが返事がない。お一人はその後もHPはご覧になっていることは把握できている。よほど危険人物かと思って警戒されてしまったのだろうか?メールは通常1日でご返事をいただきたいものである。気に入らないからと言って無視するのも大人気ないと思う。わたしも決してヒマではないので、もう関わりを持つのは止めようと思う。
▼先週あるDVDを見たくなってあちこち探した。通販で購入すると約7千円もする。わたしは資料的にとても価値があるもの以外は買わないことにしている。ネットで検索するとTSUTAYAの渋谷店にあることが分かったので借りて必要箇所はチェックし終えた。渋谷まで自宅から片道290円だから買うよりは遥かに安い。それにTSUTAYAでも全国でこのDVDを常備しているのは2軒だけだった。
▼友人A君に午後連絡をしたら不在だったのでお母さんに伝言を依頼した。コールバックがあったのは午後10時近くだった。近くの公園で日野皓正のジャズコンサートがあったので聴きに行って遅くなったのだという。依頼したいことを伝えると「これから行って良いか?」と言われる。来ると言っても彼は自転車で30分ほどかけて来てくれる。わたしは翌日にしてくれと言ったのだが、職人気質の彼は機嫌を損ねてはまずい。これから風呂に入る家族もいたが、「来る」というのを断ることはできなかった。
▼A君はわたしより3つ位年下で、お母さんと二人で自営業をしている。自営と言っても友人から頼まれた家電の修理をしているだけで、もちろんそれだけでは食べていけない。あるとき区役所の市民税課から呼び出され「どうやって食べているか」と聞かれた。A君は悪びれずに「ご飯はお茶碗と箸で食べている」と答えたと言っていた。つまりお母さんの年金だけが彼の命をつないでいる。「今後どうするの?」と聞くと「あの手しかない」という。あの手とは、いま話題になっているアレである。
▼この未確認のお年よりが急に問題になった経緯は次の様な事があるかもしれない。行方不明者が多い県は関西の特に兵庫県である。この県で一番力のある(暴)はY組であることはご承知の通りだ。警察庁はこの間Y組を徹底的に叩こうと計画していたらしい。その一端で出て来たのが、大相撲の野球賭博問題だった。これはたまたま偶然出て来た。それで調べて行くうちに年金の不正受給がY組の資金源の一部になっていることが分かってくる。それを止めさせるためには社会的な世論を盛り上げていく必要があるから、この不正受給が突破口になったという。
▼A君には今後この手を使うにはかなり厳しそうだから、ヒチコックの「サイコ」の様な手を使うことをアドバイスしておいた。つまり今のうちからA君がお母さんに化けて生活して近所の人に彼が母親だと認識させてしまうのだ。こうすれば万全のハズである。

|

« 遺品のCD類を大量にいただく。 | Main | ◇「瞳の奥の秘密」を見る »