« オプスレイは墜落ばかりしている欠陥機なのだ。 | Main | NHK「原爆投下を阻止せよ」を見る(1) »

September 12, 2010

過去の遺産にしがみつく菅と小沢候補

▼新聞やラジオは「民主党代表選挙の予想」ばかりである。わたしは党員でもないので投票する資格はないのに、そんな「予想」をされても困る。なぜ「予想報道」で「菅有利」という内容が氾濫しているかと云えば、官僚の立場で云えば小沢よりも菅の方がコントロールしやすいからだ。昨日の「愛川欣也パックイン・ジャーナル」で昔の自民党総裁選挙で「口約束をしても、実際投票するときは、それが本当に口約束だった事が分かる」という。それは候補者の指名を書くとき、「名前の最後が」「一」なのか「三」なのかで誰の名前を書いているか腕の動きで分かってしまうのだ。今回の投票で云えば、菅は「横棒」から始まり、小沢は「立て棒」から始まるので、開票を待たずに結果が読める訳だ。
▼「週刊金曜日」最新号で「代表選挙」を「NHKの懐かしのメロディ」に例えて書いているジャーナリストがいる。「どうにもとまらない」山本リンダに「白いギター」に変えたチェリッシュ…。しかもエッちゃんもう声が出ないよ。過去の遺産にしがみついて生き延びようとしている人々のたくましさというか欲深さ、情念といったことについていつも思いを馳せてしまう。と書いて、つづけて菅直人も結局「薬害エイズ」の遺産だけで食っている人だ。一方小沢も過去の遺産で食っている点では菅と変わらない。「さすが小沢センセイ。まったくブレない」とおだてらられているが、単に新たな歌唱法を取り入れる意思も能力もないだけの話だと、手厳しい。
▼一週間前の「ニュースにだまされるな!」で金子勝らは、民主党のマニフェストを実行するために、道路特定財源に使うと云っていたが、両者ともそれにまったく手を付けていないと指摘している。だからどちらが首相になっても、現状はそれほど変化する筈はないと考えていたほうが、良いと非民主党員のわたしは考えている。
▼明日は朝早くから遠くまで取材に行かねばならないので、朝の更新はできないかも知れない。検索用語で「○○の発売日」など、とたどってくる人がいる。そんなのはメーカーに直接電話して聞いて欲しいぞ。メーカーも手抜きでお盆休みの告知以降HPを更新していないもの問題がが、それはわたしの責任ではない。

|

« オプスレイは墜落ばかりしている欠陥機なのだ。 | Main | NHK「原爆投下を阻止せよ」を見る(1) »