« ◇「ルイーサ」を見る | Main | 反日デモの本質「敵は本能寺」あるいは「指桑罵槐」 »

October 20, 2010

閉鎖された某ブログの事

▼2週間前に受診した健康診断の結果を聞きに出掛けた。2週間もかかったのは、オプションの眼科検診も受診したからだ。長いこと血圧が高いのを放っておいたので、その後遺症は心臓に出ている。心電図をとるとたちまちそれは分かる。4年前にERに緊急入院したときも、看護師さんがわたしの心音を聞いてなぜなのか、不思議がっていたのでわたしが説明すると納得してくれた。検査が午前11時半だったので朝食を食べて受診したので、コレステロールは少々高かった。心配したのは猛暑が続いた8、9月と毎日のようにアルコールを飲み続けたので肝臓に何異常値がでているかと思ったが、何も変化はなかった。飲むといっても毎日コップに1、2cmくらいのアルコールを炭酸で割ったものなので、大丈夫だった。
▼今週あるブログが閉鎖された。某夕刊紙を題材にして毎日つづけていたブログで結構人気があったようだった。しかし新聞社から、「当社の記事と写真を使っていて、再三にわたる警告を無視しているので、これ以上つづけると法的措置を取る」と警告されたという。ご本人は「再三」はなかったと言っているが、そのメッセージとともにブログは、本人の意思で削除されていまは存在しない。「引用」というのも一応ガイドラインはある。新聞や雑誌の読書欄のように何がかいてあるか「要旨」ならば著作権法に違反ではないと、ある弁護士は指摘している。また「引用」については、ほとんどが本の要約で論評や感想部分がわずかしかなければ「引用」とは認められないと、上記弁護士は言う。
▼しかし今朝の政治ブログの25位にあるブログは、とにかく文章の3分の1から4分の3は引用ばかりで、自分の意見は殆どない。それでもブログランキングの上位に来るのはいったいどういう意味があるのか分からない。
▼本日はメルマガの原稿締め切り日です。書いたものはためずに、毎号定期的にお送り下さい。

|

« ◇「ルイーサ」を見る | Main | 反日デモの本質「敵は本能寺」あるいは「指桑罵槐」 »