« 綿100%の椅子座布団をついに発見。 | Main | 権力と時代に迎合する池上彰の発言 »

October 25, 2010

我が家に貴金属は一つもないけど…。

Yubiwa
(これ撃墜した米軍機の残骸で作ったジュラルミン製指輪。数字は撃墜された機数)
▼パソコンに向かったとたん、「いらなくなった貴金属の買い取り」という電話が掛かってきた。まだ墓地の売り込みというのは殆どないが、保険の売り込みはとても激しく電話が掛かってくる。最初の「貴金属」に対しては「うちには貴金属はありませんから、他を当たって下さい」というと、売り込みの女性は苦笑して電話を切った。わたしは貴金属はひとつも持っていない。身体や首にいろいろ巻き付けるのは嫌いだからだ。昨今野球選手などが首に何重にもスポーツネックレスというか、磁気ネックレスのような物を着用している。
▼夏に実際首にかけている普通の人にお目に掛かった。あれで果たして体調がよくなるのだろうか?もしかしたらと思っていたらあの「ピップ」でも出した。ネットの相談コーナーであれは効くのか?という質問をしていた人がいたが、その答えは「単に気分の問題」だという答えだった。そういえばソフトバンクの某内野手は3本も4本も首に掛けていたが、今年の成績を見るといざここ一番という時に全く打てなかった。という事は効き目が期待できないという事だ。
▼貴金属ではないが、わたしの宝物と言えばベトナム戦争の時アメリカの戦闘機や爆撃機が北ベトナムで撃墜された。その戦闘機の本体の構造物であるジュラルミンを使った指輪が何個かある。これは北ベトナムや南の解放戦線が、義援金を集めるために指輪に加工したものだ。金銭的な価値はまったくないが、今やお金をいくら積んでも手に入らない宝物と言える。
▼金曜日友人から貴重なものを預かった。彼のものとわたしの物を一緒に書き留め郵便にしてあるところに送らなければならない。銀座テアトルシネマで映画を見てから警察PRセンターの裏にある京橋通郵便局に行ったら、土日は閉局しているので、京橋郵便局まで来るようにと書いてある。目が悪いせいか「京橋通郵便局」と「京橋郵便局」の区別がつかない。一体どこにあるのだろうと目を凝らすと、歌舞伎座の近くである。面倒なので東京駅の前にある中央郵便局まで歩いた。ところが、である。1年ほど前にも行ったが中央郵便局は工事中で近隣の郵便局まで来いと書いてあるではないか。一番近いのでも日本橋高島屋の近くである。揃いもそろってみんな土日は休みだという。これにはいささか呆れてしまった。一つくらい最寄りの局を土日、夜間も開けて欲しいぞ。
▼そんな訳でもう歩き回る気力もなくなって、錦糸町で下車して、いつも急ぎの荷物も持ちこむ本所急便局まで持って行って問題を無事解決したのである。
▼今朝NHKラジオを聴いていたら、COP10で発展途上国の一部は生物資源を持ち去った先進国は大航海時代まで遡ってその補償をすべきだ、という論議が出ているという。新聞を読んだ限り具体的にどういう事なのか論旨は分からない。しかしまさにハーバード白熱授業でサンデル教授は「JUSTICE(正義)」の授業で、「オバマはヒロシマに原爆の投下を投下した事に謝罪すべきか」というテーマがあった。まさにそれが問われるテーマだと思って聴いていた。一体いつまで遡ったら良いのか大航海時代まで出てくると、日本もイギリスが運び出した美術品の返還を要求できるかも知れない。
▼朝から何度もアクセスして下さった読者には申しわけありません。更新通知をご希望の方にはメールアドレスを登録してお教えいただければ、自動的に更新をお知らせするシステムがあります。

|

« 綿100%の椅子座布団をついに発見。 | Main | 権力と時代に迎合する池上彰の発言 »