« 戦争が起こるかも知れないのに平和ボケなTV。 | Main | 司法に正義がないなら自分たちで正義を行使する »

December 01, 2010

前原大臣の言う「言語道断」とは何か?

▼今朝はわたしのもっとも興味のある話題のYouTubeを見ていて更新が遅れた。わたしは実は新聞を読む時間よりも、ブログ・リーダーを使って130余もあるブログをチェックする時間の方が長い。今朝もNHKラジオは全国ニュースで「海老蔵」をやっていた。いくつかのブログを見ると、灰皿にテキーラを入れて「飲め」といって相手が拒否したため、カッとなって先に殴ったのはエビだという話だ。こんなバカげた話はどうでもいい。先日ある旅行社の窓口に立ち寄ったら、「○○駅のエビちゃん」と窓口嬢のとろこに写真が貼ってあった。化粧は凄いという点を除けば、何がエビちゃんなのか分からない。しばらくして名札を見ると「海老○」と書いてあったので納得した。容姿ではなく名前が似ているということだったのだ。
▼米韓合同軍事演習も終わるらしい。ところが韓国は「北の挑発に備えて独自の砲撃演習を1週間ほどやる」とニュースで言っている。しかしこうなると「挑発」しているのはどちらなのか分からなくなる。
▼昨日もアクセス数は増えた、中にはブログをあちこち見た挙げ句、わたしの「プロフィール」を見て行く人がいる。わたしはみしらぬ人に自己紹介するほどお人好しでなない。筆者の事を知りたければ、「自己紹介」を先にして欲しいと思う。だから「非公開」にしてある。最初からお読みになっている方はご承知のように写真や出自を明らかにしておいた。ところが「平和」や「護憲」を自称するサークルに加入申請をしたところ、プロフィールに書いてある事をタテにとって、「入会拒否」が相次いだ。プロフィールではなく、毎日書いている事をじっくりご覧になれば、筆者が右派や軍関係者人なのかお分かりになる筈である。バカバカしいからそれらに「入会」するのは一切やめ、プロフィールも写真も削除した。そういう団体も所詮見かけだけで人を判断する、心の狭い組織なのである。仲間内だけで楽しくやっているだけでは、支持層は広がらない。
▼今朝の朝日新聞の一面トップや一部政党機関誌にでている「小沢氏、91人に計4億5千万円提供/09年総選挙直前」の記事には呆れるばかりである。頭の悪い記者はどうしようもない。それに朝日新聞の主筆FはあちこちでCIAのエージェントではないかと囁かれているから、こういう記事が登場するのも当たり前なのかの知れない。
▼今朝は別の映画「アメリア」の事を書こうと思っていたが一日の最低文字数が来てしまった。
▼今朝前原外相が「ウィキリークス」がアメリカ国務省の秘密を暴露したことに対して「言語道断だ」と言っていたという報道を朝日TVで放映していた。前原氏は果たして「言語道断」という意味をご存知なのだろうか?人ごと:ながら心配になったので広辞苑で調べた。これは本来仏教用語であり、「〔仏〕言語で説明する道の絶えた意。仏教の奥深い真理はことばで説明することができないことをいう。」なのだ。アメリカ国務省のヒラリーが国連職員がサーバーにアクセスするパスワードを盗もうとしたり、イラクで米軍が民間人をヘリのバルカン砲で殺害した画像を流したのはいずれも同サイトの情報である。悪い事を隠しおおせると思ったら逆の結果が出て来て逆上下のはアメリカ。それを無条件に「支持する」と表明したのが、何とわが国の外務大臣である。しかし話している様子を聞いていると前原氏は「言語道断」を「問答無用」(「広辞苑」論議をしても何の利益もないこと。議論の必要はないこと。)という意味で使って入るように思える。もっと勉強しなければね、大臣。

|

« 戦争が起こるかも知れないのに平和ボケなTV。 | Main | 司法に正義がないなら自分たちで正義を行使する »