« 「ウエルカム…」を読み終える。 | Main | ノーテンキなNHK報道スタンス »

December 10, 2010

中国は発展途上国?それとも先進国?

Akaikutu
(「赤い靴の女の子」像:山下公園)
▼昨日は例年に比べて早めに年賀状を完成させた。図柄は大体ご想像の通り、自宅近くから見た、「スカイツリー」と「猫ちゃん」の勢揃いの組み合わせである。
▼しかし中国という国は本当に不思議な国だ。ある時は先進国首脳会議に出たと思ったら、昨日の京都議定書を遵守すべきだというCOP16の会議では「中国は発展途上国である」と主張する。さらにノーベル平和賞授賞式では民主活動家の劉暁波氏を牢獄に入れたまま出国させない。家族もマスメディアと自宅で接触できないように、実質的に監禁している。ふと考えるとどこかで見たような風景だ。それは中国だけが現政権を強力に後押ししているミャンマーだ。そのためアウンサン・スーチも20年近く自宅から出られなかった。ミャンマーは世界で軍事独裁政権と言われている。その民主活動家を監禁しているという部分を見れば、中国も同一であると思う。
▼たしか農村部を見ると人身売買などもあるから発展途上国というか、未開国である。しかし上海などの経済特区では外資が導入され、インフレから最早バブル状態である。ところが四川地震などがおきると、海外に財政援助を要請する。先日ご紹介したサンデル教授の論理でいうと、この国では民主主義が貫徹せず、税金の再配分も適正に行われていないので「正義がない」国という事になろう。わたしが懸念するのはその国と思想交流をしたり、地震が起きるといち早くカンパを呼びかけている政党の事である。さらにさいきん「中国にはっきりモノが言える」事をウリにしている。実体は内部で「なぜあの国と仲良くしなければいけないのか?」という不満が多数寄せられているので、それを打ち消すため、口先だけでそういっているというもっぱらの評判である。
▼今朝のブログリーダーで驚いたのは、さすが産経新聞ワシントン特派員ならではの記事だった。「アメリカ議会は日本に改憲を望んでいる」という国策に沿ったレポートである。

|

« 「ウエルカム…」を読み終える。 | Main | ノーテンキなNHK報道スタンス »