« 年末年始も1日100ページに挑戦 | Main | ウディ・アレン40作目の「人生万歳!」を見る »

December 30, 2010

読書は昨晩300ページ進む。

Everoppongi
(イブの六本木)
▼昨日一本のメールが届いて「期日までに用意できないからキャンセルする」と言ってきた。それはこのブログに書いたが旅行用の大型バッグである。その会社とはTVCMを頻繁にやっているD○Mという会社だ。いきなり直前になって会社の都合で「キャンセル」と言われても困る。一体全体この会社では数個のバッグを使い回ししてレンタルの仕事をしているのだろうか?もしわたしがその会社の営業担当者だったら、「代替え品の提案」をしてダメだったら、「キャンセル」という事にする。メールだけで通知をしてくるこの会社はもう二度と使うまいと決めた。
▼朝のNHKラジオ「経済展望」を聞いていたらW大の経営学部の教授とか言う人は、「中小企業でも社員全員の声を出して工夫すれば、経済危機も乗り越えられる」。大切なのは「ナレッジ‐マネージメント」だと締めくくっていた。今の日本の経済危機はそんなところにあるのではない。こういう考えの人が「一流」大学で経営学を教えているのでは、日本の展望は開けない。一つがダメなら次の手を工夫して提案、実行しなければ客の信用は確実に失ってしまうだろう。
▼もう一つラジオで傑作なのは、千葉市は政令指定都市でも税の納入率が92%で一番低い。納入が悪いのは期日を忘れている人が多い、と結論する。そして税の自動振替をした人の中から抽選で何かくれるという。税金を納められないのは「貧困」が原因だと思う。国保の取り上げは千葉市はどうなっているのだろう。ネットで調べたら次の数字が出て来た。4位か。何年に渡って前納した人の税金を割り引くならば良いと思うが、何かやるというのが公平の原則に背くと思う。
Skytree1224
(スカイツリーのライトアップ24日)
▼昨日は夜も酒を飲まなかったので、ご紹介した本面白かったので300ページ読む事ができた。この調子で行くと、今日中に読了できそうである。わたしは過去に17年間ほど車を使って出勤していた。仕事の仕組みから、朝から現地直行などもあったから仕方なかった。しかし様々な事情から17年前に車を売却して電車通勤に切り替えた。それで嬉しかったのは行き帰り、片道45分の電車の中で本が読めるようになったことである。新書や文庫ならば往復で1冊読めることもある。同様に飲酒をすると本を読めなくなる。わたしにとって食事の次に、読書は生きている楽しみの一つである。

|

« 年末年始も1日100ページに挑戦 | Main | ウディ・アレン40作目の「人生万歳!」を見る »