« 法人税引き下げより給料アップが効果的 | Main | WOWOWで刑事ヴァランダー「笑う男」を見る »

December 15, 2010

WOWOWで刑事ヴァランダー「殺人者の顔」を見る

Cafelate
(新千歳空港の喫茶店で飲んだカフェラテ)
▼昨日の続きを一言。民主党の菅政権は支持率が下がっているのを「小沢問題」だと勘違いをしている。そもそもは公約をまともに守ろうとしていない。後期高齢者医療制度廃止一つとってもそうだ。諫早湾の河口堰開門も、菅直人は野党時代先頭に立って「開けろ」と主張していたが、首相になったとたん逆の事をしている。これは先週の「ニュースにだまされるな」の金子勝の指摘だ。そして今朝NHKラジオ「ビジネス展望」で金子勝は「小泉・竹中時代とまったく同じ事をしている」と批判していた。もし小沢氏を「国会招致」に引っ張り出しても支持率は絶対上がらない。野党やマスメディアに混乱させられている民主党は情けない。
▼先月WOWOWで「刑事ヴァランダー」シリーズの2が放映されたが、うっかり見逃して吹き替え版を録画してみた。2-1は「殺人者の顔」だった。これは今年初めにシリーズ1が放映されて見たが中々良かった。主演はケネス・ブラナーで舞台はスウェーデンの警察署だ。田舎で馬を飼育している老夫婦が何者かによって首を絞められて殺害される。夫は即死で、妻は虫の息で刑事に何か訴えようとするが一言呟いただけで事切れてしまう。刑事は(外国人を示唆する)「ガ」と云った様な気がするという。警察署にはマスメディアが押しかけてくるが、そのことがマスメディアに出ると外国人の排斥に繋がるから決して喋らないように、とクギを刺す。しかしTVの放送には「外国人らしい」という言葉が出てくる。誰か内部の人間がしゃべったに違いないと思う。
▼なるべく偏見をもたない公正な捜査をしようとするが、様々な軋轢がある。さらにヴァランダーには結婚を控えている一人娘と認知症になって一人で暮らしている父親がいる。娘の相手はちょっと気に入らないが、まぁしかたない。父はある時家具を積み上げて火を付けていると、捜査の途中一報が入って駆けつける。「父さんオレだ分かる?」と、こういうセリフは身につまされる。父の興奮は収まり現場に戻ると容疑者より先に発砲したとして、署長から自宅謹慎を命じられる。殺した容疑者とは警察署の巡査の父親だった。なぜだ?
▼それにしてもおかしいのは現場に残っていた、首を絞めたロープだ。これは特殊はロープだ。そうこれは見せ物小屋で使って入るロープだ。偏見をもって捜査しないようにしていたが、彼らに違いない。そしてサーカス小屋に踏み込むと老人が現金を引き出すキャッシュ・ディスペンサーの後ろに、「彼」が写っていた。つまりサーカスなどは、彼ら、つまりロマ族が経営している事が多い。スウェーデンでも移民問題から発生する、ネオナチの動きがかなり多いことが分かる。そして自分の父親の介護で悩む刑事。現代的テーマが絡み合って、まるでマルティン・ベックシリーズを見ているような錯覚に陥る。
Calender
(卓上カレンダーを販売します。)
▼写真は過去3年間の中から選び出した、わたしの写真で作った卓上カレンダーです。オンデマンドのオフセット印刷で限定版です。写真は月ごとに12枚あります。価格は少部数ですからコストは高く1組2500円(送料別)ご希望の方は18日までにメールでお申し込み下さい。上記の写真は色校正で、実物はもう少し明るい色になり、これはまだ裁断されていません。一葉左右21cm天地10・5cm。

|

« 法人税引き下げより給料アップが効果的 | Main | WOWOWで刑事ヴァランダー「笑う男」を見る »