« 再びNHKBSで「大陽に灼かれて」を見る。 | Main | いまブラジルのリオデジャネイロです。 »

January 06, 2011

メルマガは17年、400号を迎えました。

▼昨晩メルマガを送信して、お一人から400号達成記念と年賀メールを頂いた。長いようでもあり、毎月締めきりの二週間目は待ったなしでやってくる。かつて作家の松本清張が「どうしてあのように沢山の作品を書けるのですか?」と聞いた人がいて、作家は「君それは〆切りがあるからだよ」とこともなげに答えたという。MINさんも同様な事をおっしゃっていたが、わたしもまた二週間ごとの締めきりがなければ、それほど必死になって読まなかっただろう。それに読書というのは一冊読むと、次々芋づる式に面白い本が発見できる。昨晩書いた今柊二著の「定食と文学」も同様である。とくに最後の方に行くと、ブラジル移民とその食事に関する本が、5冊も出てきたのには、何と言う偶然だろうと驚いてしまった。さっそくまだ休館中だった図書館にリクエストを出し、昨日夕方受け取ったので5冊をバッグに詰め込んだ。
▼かと思うと昨年暮れに久しぶりにお会いした某氏は、「すっかり視力が弱ってしまって、読書をとるかPCをとるか選択しなければならない状況に追い込まれている」、とおっしゃっていた。かく言うわたしも夕方になると眼が痛くなる。少しでも長い間、読書ができるようTVを見る時間を少なくするなどインターバルを十分にとって養生している。
▼昨晩はさらに「校正」の日で午後11時過ぎにいつもの校正がネットファクスで送られてきた。ざっと眼を通したが、寝る直前に仕事に集中することは、身体に悪いので打ち切って、このブログを書き終わってからやることにしている。
▼次回から1週間ほど、諸般の事情により、このブログの更新時間は不定期になります。ご了承下さい。

|

« 再びNHKBSで「大陽に灼かれて」を見る。 | Main | いまブラジルのリオデジャネイロです。 »