« いまブラジルのリオデジャネイロです。 | Main | 「未来世紀ブラジル」 »

January 08, 2011

真夏のコパカバーナ海岸です。

真夏のコパカバーナ海岸です。
なぜリオデジャネイロに来たかは、追々お話します。私は名所旧跡には余り興味はありません。従って誰もが行くと言うマチピチュや、ナスカの遺跡はどうでもよいのです。先にリオデジャネイロの事をブログに書いたのは、なぜ巨大なスラムがあるのかに目が行きます。リオデジャネイロは日本の真裏に位置し、ブログを読んでいる皆さんとは、足の裏を合わせている事になります。今は真夏で、目の前にあるコパカバーナ海岸は海水浴客で、ごった返しています。そこは、極めて危険でもあります。そこで長旅の疲れと時差ぼけを治すため、ホテルの屋上のプールでひとおよぎしてきました。今回同行者は二人でツアーではありません。私より英語の得意なHさんと何時ものMさんです。私も一年間NHKの基礎英語を毎日一時間勉強してきました。しかし現地ブラジルでは、ポルトガル語以外通じません。三日後に行く予定のアルゼンチンはスペイン語だけです。トラブルが起きると解らない言葉を早口でまくし立てる穴埋めに悩まされながら、どうにかブラジルにたどり着きました。乗り換えのアメリカヒューストンでは携帯がまったく使えず参りました。これで今後はパックツアーに頼らず世界を回る自信もついて来ました。日本との時差は昨年のポルトガルとは逆に12時間遅れです。
Duke(riodejaneiro)

|

« いまブラジルのリオデジャネイロです。 | Main | 「未来世紀ブラジル」 »