« 大震災と原発事故(4) | Main | ◇「再生の朝にーある裁判官の選択」を見る。 »

March 16, 2011

大震災と原発事故(5)

▼昨晩の地震は怖かった。何故といえば静岡の浜岡原発がもし破損したら、もう日本は逃げるところがないから破滅してしまう。今後ブログの更新は頻繁に出来ないので、速報はツイッターでお知らせします。ブログの右下のツイッターに出る筈ですが、友人のみなさんにはアドレスをお知らせします。浜岡原発の即時停止を願う要望署名はこちら。
▼昨晩のアクセスは460件ほどあって毎日100件ほど増えている。その増えたトップの文字も相変わらず「メトル」である。Yahoo!の検索用語には「もしかしてメトルはメルト?」と書いてあるので、間違える人がかなり多いのだろう。
▼その内容も放射能汚染から逃げる方法などが多い。しかしはっきり言って日本で逃げる方法を考えても仕方ない。第一に東電は相変わらず現状を公開せず「正確なところは判らない」と逃げている。しかしGoogleアースなどで見ると、福島原発の冷却水を取り込む取水口は地震で完全に破壊されてしまっていることが判る。これを東電が知らない筈はない。
▼「原子力資料情報室」のメッセージ
▼鎌田みのる氏のヨウ素の摂取に関するアドバイス
▼国際的な原子炉安全コンサルタントの今回の事故の説明と見解
▼今朝のきくちゆみさんのブログを見ると世界中の人たちが日本のために祈ってくれていることが判る。その中でも4番目のアメリカのABCニュースの映像は事故の前後がはっきり判って生々しい。
▼千葉稲毛の放医研のHPに放射能汚染対策が詳しくでています。
▼電力のコントロールの仕事をなさっている某読者は14日電車が動かないので職場に泊まり込んだという。
▼某編集長は電車が動かない日自転車で職場に駆けつけたという。直線距離にして10kmから15kmはありそうだ。その他に動きが取れない人がいて金曜日夜の会議は中止になった。わたしも電車がいつ止まるか判らないので、欠席通知を出しておいた。22日の取材は遠方なので代わってもらった。来週の締めきり3本の取材は終えているので当面は大丈夫だ。今朝はこんなところ。

|

« 大震災と原発事故(4) | Main | ◇「再生の朝にーある裁判官の選択」を見る。 »