« 大震災と原発事故(6) | Main | 松本清張「黒い福音」の舞台となった場所 »

March 21, 2011

臆面もなく原発を推進する俳優のCM

▼朝「花まるマーケット」という番組を見ていたら、原発廃棄物を地下に埋めるというCMに「わたしは必要だと思います」と言って出演していた女優O江が普通の顔をして出演していた。男性はW瀬だが、彼とてそのまま何食わぬ顔をして出演している。わたしが当事者だったら土下座か、しばらくは出演辞退すると思う。だが彼らは心の痛みを何も感じていないのだろうか?O江のウィキペディアの解説によれば「原子力発電環境整備機構の原子力発電CMに出演するなど、原発推進派としても名高い。 」とある。要するに確信犯なのである。
▼昨日あたりから東電の新しいCMが流れている。「一生懸命作業に当たっている」とは言っているが「もう原発はこれ以上作らない」、「今動いている原発はただちに停止する」とも言っていない。東電のトップは今起きている状況を真剣かつ深刻には考えていない。なぜこうなのか?プルサーマルに反対した佐藤栄佐久前福島県知事は「収賄容疑」で逮捕し東京地検等により引きずり下ろされいる。つまり東電は国策で原発を推進してきた。それを批判するものはどんな手段を使っても葬り去って来た過去がある。だから原子力保安院は何の権限もない組織に成り下がり、今回の事故では何ら有効な手は打てなかった。
▼昨日メルマガを送信してから図書館にリクエストをしてあって本が半年ぶりに届いたので、引き取りに行ってきた。浅田次郎の「終わらざる夏」上下巻がようやく揃った。
▼TVは電力を食いそうなCATVから地デジに切り替えて見ている。すると8chの画像がかなり乱れる。大地震でアンテナが曲がったせいだと言われている。今朝は6ch系も雨のせいかかなり乱れている。
▼お彼岸の墓参りに出かける。途中念のため、近くのドラッグストアを覗いて、トイレットペーパーがないかチェックする。近所の3軒を覗いたがいずれも品切れだった。わたしのところは明日生協の配達で注文が届く筈だから大丈夫だと思う。それに残りは3ロールあるから何とかなると思う。墓は四谷にあるので、行く途中ドラッグストアのチェーンSを覗いたらあったので買い求める。しかしそれをぶら下げて電車に乗ったり、都心をあるくのはかなり勇気がいるので、持参していた買い物袋に押し込んだ。墓参が終わって近くのスーパーに立ち寄ると1ロールが105円でお一人様1個限りという物が発売されていた。ロールは普通の3倍巻いてあると表示がしてあった。こういう個包装にすれば混乱もそれほど広がらなかったのではないかとも思う。6個、8個も同時に使う人はいないのだから。
▼原発事故とその対策が一体どうなっているか新聞やTVを見ただけでは良く分からない、という声を聞く。わたしも専門家ではないから詳しくはない。新聞は図解入りででているのでじっくりご覧いただきたい。つまり一番問題なのはプルサーマル計画でプルトニウムを使っていた3号機なのだ。これが爆発すると被害は甚大なのではないかと言われ、これに集中的に海水をかけている。海水をかければまた別のリスクも生じるのだが、とにかくこれを抑えるというのが当面の目標のようである。

|

« 大震災と原発事故(6) | Main | 松本清張「黒い福音」の舞台となった場所 »