« 「日本はどこへ行く」石弘之氏の講演など。 | Main | いまさら「1、2,3号機もメルトダウン」だったとは。 »

May 16, 2011

ビンラディンの殺害後に次々に出てくる謀略報道

▼世の中には不思議な事が沢山ある。最近分かって来たことはこのブログをお読みになっていらっしゃる方の多くは新聞を読んでいないのではないだろうか、という事だ。一例が「原子炉溶解」の英語表記を間違えた検索用語が昨日も20件くらいあった。なかには「メタル」などと書かれた方もいた。これは耳だけを頼りにして検索したのだろう。過去で一番多かったのもNHKのドラマに登場した陸軍のある作戦が一番多かった。これも中古書店で1万円の専門書が売られていること。また防衛研修所にも所蔵している事をお知らせした。さらに必要なら分厚い本を要約して、それを有料でお送りするとも書いたがご注文はなかった。
▼検索用語に付け加えて「無料」というのすらある。しかし昨日ご紹介した講演会も1500円と有料である。わたしがここに書いているブログも半分は有料の出版物を読んで情報を入手している。無料の情報は所詮「読み捨てられる」無料の価値しかないのだろう。それはブログのお一人様の滞在時間が平均1分足らずという事でも分かる。書くのに必要な時間は1時間で読まれるのは1分の読み捨て、これが実態である。今朝の新聞にTBSラジオで続けている「小沢正一の小沢正一的心」が1万回を超えたというので、ご本人とのインタビューが掲載されている。それによれば、「夏目漱石先生によれば、他人のためにするのが仕事で、自分のためにするのは道楽」だと言っているそうだ。わたし「ブログは他人のための道楽だ」と思って割り切って書いている。
▼ビンラディンの殺害後次々、彼に都合の悪く、アメリカに都合の良い実態が「明らかになる」一つはビンラディンにはイスラムの教えに反して4人の妻がいた。昨日からきょうにかけては多数のポルノビデオが見つかった。だから他国を侵略して、その国や警察の許可もなく「容疑者」を殺害して許されるのか?そんなことはない。わが身に降りかかる非難の声を振り払うために使った謀略だ。ウィキリークスの責任者アサンジ氏が逮捕された理由もガールフレンドに対する性的暴行容疑だった。しかしその中身はここに書けないような内容だ。それが罪になるならばおそらく多くの日本人男性は逮捕されなければならないだろう。
▼同様に朝刊でIMFのトップである専務理事、ストロスカーン氏がホテルのメイドに対する容疑者の逮捕された事件は、謀略渦巻くIMFの内部の足の引っ張り合いであると一部では言われている。
▼それにつけ昨日の朝日トップニュースで福島原発が起きたとき、日本政府や菅首相がいつまでたっても原子炉に注水しないので、オバマは「日本政府が手を打たなければ、駐日米国人を強制退去させる」と脅されてようや原発に注水したという実態が出ている。ついてにわたしは在日米軍まで引き上げて貰いたかった。さらに今朝の新聞には「東電が地震から18時間後に福島原発の炉心は融解していたことが分かった」と昨日発表したという。この日本という、うそつき集団め。
▼「マガジン9条学校」では5月21日(土)午後2時から広瀬隆氏の「日本の原発を考える」という有料の講演会を開く。申込みはこちらまでどうぞ。お金を払って話を聞くとちゃんと耳に入りますよ。お早めにどうぞ。

|

« 「日本はどこへ行く」石弘之氏の講演など。 | Main | いまさら「1、2,3号機もメルトダウン」だったとは。 »