« 「自衛隊を非軍事救援組織へ」という水島朝穂論文 | Main | ◇「ナチス、偽りの楽園」を見る。 »

May 09, 2011

この国のマスメディアはどちら目線なのだろう。

▼「踊る大捜査線」ではないがパソコンの記憶メディアは目まぐるしく変わっていく。印刷データの受け渡しは一時期MOを使っていたが、この3年ほど使わなくなった事に気づいたので、売却した。こういうモノは早ければ早いほど高く売れる。MOの光ディスクも復活されるとまずいので全部破砕して捨てた。
▼ビンラディン殺害作戦の模様が次第に明らかになってきた。側近の携帯電波がCIAにキャッチされ、そこから番号と位置が割り出された。突入したとき、彼はの側にはAK47突撃銃とマカロフ(映画「北京の二人」で前半、人民日報にくるまれていた)拳銃が置かれていたが構える様子はなかった。そのとき髭は白かったとある。という事はネットに出回っている黒髭の死体はニセ物なのだ。さらに殺害直後とするアイコラまである。しかしこれは映画「ブラックホールダウン」の一場面を逆版にしてビンラディンの画像を切り取って焼き付けたものだ。ネットでは、ご親切にその画像の作成過程まで解説している。「オサマ・ビンラディン好都合な死」をご覧いただきた。911は彼がやったのではない。
▼「TOMODATI」である筈の在沖縄米軍の子弟が、酔っ払い運転で日本人に大けがをさせていた。沖縄の警察は子弟の引き渡しを要求しているが、米軍はこれを拒否している。それに対する北澤防衛大臣のコメントは「双方がもっと柔軟性をもって対応すれば良い」である。一昔前ならこんな発言をする大臣は即時罷免されたいた。この北澤という人は福島第一原発が爆発炎上したときも「ケーブルか何かが燃えているのでは…」と発言した人だから宜なるかなだ。
▼さらに今朝のNHKニュースでは「政府の許可を得て保安院立ち合いの上、棟屋の開放をしたが放射能数値に変化はなかった」と言っていた。だいたい「政府の許可」で先に汚水を海に放出して東北から茨城の漁業をダメにしたのは皆さんご存知の通りだ。さらに「保安院」の言う事を信じる人など今時いない。そして「放出される放射能は1年間浴びる量と比較して、問題ない」を繰り返す。NHK記者は現場にはいっていないだろ。爆発事故が起きたときすら福島原発を「30km離れた安全なところで撮影した映像」を流し続けていたのだから。
▼さらに首相から「前浜原発中止を勧告」された御前崎市長は[
中部電力から補助金を3億円も削減されて市民は生きていけない」(毎日新聞)と言っているという。前浜原発が事故を起こしたら本州は全滅するのだ。そのとき御前崎市長は全責任を取れるのか?まさか「想定外」等といって土下座してお終いにするつもりではないだろうな。たった3億円で日本が全滅してもいいのか?報道記者もよく考えて欲しい。記者のみなさんはへっぴり腰で、電力会社のメッセンジャーの様な記事をもうこれ以上書くな。会社から耐放射能スーツを用意してもらって、棟屋の中に入って自分の眼と耳でレポートしたら褒めてやる。どこかこの国の報道は主権在民ではなく、主権財界で言う事が国民の生命や財産を護る立場ではなくなっている。みんな狂っているとしか思えない。
▼日曜夜は新聞の校正が待っている。さらに今週木曜日は「映画紹介」の原稿締め切りが待っている。すでにご紹介したように3本の映画を観ているが、イマイチなので、午後から新宿「k’s シネマ」に行く。上映していたのは「ナチス、偽りの楽園」だ。詳細は明日のレポートを待て。
▼しかし何度も言うが偉人・賢人、哲学者の言葉を引用するのがお好きな方いらっしゃる。そんなの一般社会に出たら通用しないよ。山奥に一人で住んでいる老人にも分かる言葉で書いて欲しいものだ。せめて「いろはガルタ」レベルの引用をお願いしたい。

|

« 「自衛隊を非軍事救援組織へ」という水島朝穂論文 | Main | ◇「ナチス、偽りの楽園」を見る。 »